株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作する結婚情報誌『ゼクシィ』は、20~50代の既婚男女を対象に、新しい夫婦のカタチと夫婦円満度に関するアンケート(n=1600 インターネット調査 2017年1月実施)を行いましたので、結果をご報告いたします。時代が移り変わるにつれ、変化する夫婦のカタチ。今回『ゼクシィ』では、20~50代夫婦の世代比較を実施しました。その結果、イマドキ夫婦はかつての夫婦の理想像=いつも一緒にいて仲むつまじい夫婦を指す「おしどり夫婦」から進化を見せ、共に働き、共に子育てし、お互いをリスぺクトする「ペンギン夫婦」化していることが判明しました。さらに、そんな夫婦が年齢を重ねても仲良しでいられる秘訣を調べました。イマドキ夫婦は共働き・コミュニケーション重視・互いを尊敬する「ペンギン夫婦」!「男女共同参画白書 平成28年度版」(内閣府男女共同参画局)によると、全国の共働き等世帯数(以下、「共働き世帯」)と男性雇用者・無業の妻からなる世帯数(以下、「専業主婦」世帯)は1996年頃を境に逆転。「共働き世帯」は2015年1114万世帯にまで達し、「専業主婦世帯」687万世帯を大きく引き離す勢いを見せています。男女ともに働き生計を立てる夫婦の形は、若い世代にとってはもはや当たり前だといえるでしょう。また、参考までに今回行った調査を基にして「正社員での」共働き率を推計すると20代がおよそ31%、30代が23%、40代が12%、50代が15%と、共働きで支え合う20代夫婦の姿が垣間見えます。そんな20代の夫婦のお互いへの意識を30代以降と比較すると、「毎日コミュニケーションをとるようにしている」「お互いを尊敬する」といった、互いを個として尊重しつつ、すれ違いにならないような気づかいが見てとれます。 出典:男女共同参画白書 平成28年度版(内閣府)を加工して作成平成22年および23年の値(白抜き表示)は岩手県、宮城県、および福島県を除く全国の結果。http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h28/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-03-01.html  結婚後でも遅くない! 「会話時間」を毎日とることが満足度アップのコツ さらに、結婚している人でも今後夫婦満足度をアップさせるために有効なコミュニケーションを探るべく、「今」が「結婚直後」よりも「パートナーに対する満足度」がアップしている夫婦とダウンしている夫婦にわけて傾向を探りました。すると満足度がアップした夫婦は満足度がダウンした夫婦よりも「会話する時間を作る」「『ありがとう』と伝える」「小さなことでもほめあう」といった会話に関するコミュニケーションを「ほぼ毎日」行っている割合が高いことが判明。共働きで忙しい「ペンギン夫婦」の生存戦略としても、会話に関するコミュニケーションは重要な役割を持つといえそうです。 『ペンギン夫婦』に関する調査概要 ・調査方法:インターネットリサーチ・調査期間:2017年01月31日(火)~2017年02月02日(木)・調査属性:20~50代既婚男女   ・調査人数: 1600名 ※性年代別均等割付 現代の『ペンギン夫婦』について 『ゼクシィ』編集長・平山彩子 みなさんご存じの通り、現代の夫婦のカタチ、家族のカタチは多様化しています。共働き世帯も当たり前の時代です。男性だから、女性だから、という区別だけでの人生の選択は一般的ではなくなり、ひとりひとりが、ひとりひとりの価値観で選択を重ねて生活をしていらっしゃいます。そんな道のりの中で出会ったふたりが、夫婦になり、家族をつくっていかれますが、その過程においても、役割を大きく区別するのではなく、仕事も家事も育児も、互いに今できることで支え合っていらっしゃる方々が多く、補完型の夫婦像があたり前になってきました。花嫁のみなさんにお話を伺ってみても、結婚前から同居をし結婚準備も結婚生活もふたりでできることを協力しながら、夫婦としての歩みを進めている方が多くいらっしゃいます。今後、さらに、共働き世帯の割合が増えると予想されますので、こうした補完型=ペンギン夫婦が新しい夫婦像として定着する未来は遠くないと考えられます。 本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/