株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が運営する、リクルート進学総研(所長:小林 浩)では、高校の進路指導・キャリア教育の現状を明らかにするため、全国の全日制高校の進路指導主事に対して進路指導の困難度、キャリア教育の進捗状況等についての調査を実施いたしました。調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申しあげます。アクティブラーニング型授業の実施状況■9割以上の高校が、アクティブラーニングの視点による授業を実施。 組織的な取り組みが約4割。・アクティブラーニングの視点による授業を実施している高校は全体の92.9%。・取り組みの主体者別にみると、学校全体や教科で組織的に取り組んでいる学校が41.7%。※参考 前回調査(2014年)と比較すると、アクティブラーニング型授業の実施率は約2倍に増加 (2014年47.1%→2016年92.9%)。学校全体・教科で取り組んでいるケースも約2倍に増加 (2014年20.7%→2016年41.7%)。 (アクティブラーニングの概念の変化に伴い、設問文を変更しているため参考値)高大接続議論に対応した取り組み ■32.4%の高校が、高大接続議論を踏まえた取り組みを実施。・高大接続議論を踏まえた取り組みを実施している高校は全体の32.4%。 「今後取り組む予定がある」(45.6%)が、実施を上回った。■対応を進めるうえでのハードルのトップは「大学入学希望者学力評価テスト(仮)の内容がまだ具体的ではないので 対策が取れない」(51.2%)。 グローバル社会への対応 ■34.4%の高校が、グローバル社会を意識した教育の取り組みを実施。 前回調査(2014年)より10.2ポイントの上昇。 調査概要 ■調査目的:全国の全日制高等学校で行われている進路指導・キャリア教育の実態を明らかにする■調査期間:2016年10月6日(木)~10月28日(金)      投函締切(11月4日(金)到着分まで集計対象)■調査方法:質問紙による郵送法■調査対象:全国の全日制高校の進路指導主事4,807人 ■集計対象数:1,105人(回収率23.0%) ※本調査は隔年で実施しております  本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/