株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋、以下RMP)が社員を対象に導入している育児体験プログラム『育ボスブートキャンプ』は、7月の首都圏での実施を経て、第2弾は北海道にて実施いたしますのでご報告いたします。『育ボスブートキャンプ』詳細はこちら:http://www.recruit-mp.co.jp/feature/company/post_59.html『育ボスブートキャンプ』動画はこちら:https://youtu.be/DzCKz0jyOKoダイバーシティ&インクルージョンに本格挑戦中リモートワークの全従業員導入や本社の全面フリーアドレス化など全社をあげて「働き方改革」にチャレンジしてきたRMPは、「ダイバーシティ&インクルージョン」にも積極的に挑戦中。『育ボスブートキャンプ』では、社会的重要なテーマである「育児しながら働く人」の生活体験をきっかけに「ダイバーシティ&インクルージョン」の理解促進を目指します。2016年2月のトライアル期間を経て、7月より管理職以上を対象に導入を開始。第1弾の首都圏での実施に続き、第2弾は北海道で実施します。育児体験プログラム『育ボスブートキャンプ』概要 『育ボスブートキャンプ』は仕事と子育ての両立を応援する、リクルートグループの「iction!(イクション)」プロジェクトの新規事業コンテストにおいてRMP社員が提案したプログラムです。スリール株式会社 (http://sourire-heart.com/)と共同で開発。①講座②体験③発信の3パートで構成されています。●内容 ①講座(専門講師による講座) ②体験(実際の家庭で4日間の育児体験インターン・多様な     環境にある社員へのヒアリング) ③発信(多様性への気づき・アクションプランを発信)  ※①~③で全40時間のプログラム●実施スケジュール 1月23日:キックオフ・講座・育児インターン① 1月25日:育児インターン② 1月30日:育児インターン③ 2月1日:育児インターン④   2月6日:振り返り・発信の場●参加者:管理職の希望者2名・社員1家庭で受け入れ 参加した社員の声※2016年7月実施回 参加者の声 「ライフの中のワークであり、メンバーのライフと自己のライフを共有することが重要。マネジメントを変えなくてはと痛感した」(31歳/戦略企画)「多様な人間が活躍する会社であるためにはまずは管理職がメンバーの個性を伸ばす組織を作ることが求められていると感じた」(32歳/営業)「家庭のことや自身の葛藤・悩みをオープンに話せるようになった。この取り組みを実施する会社の姿勢を嬉しいし誇らしく思う」(受け入れ家庭の社員) 本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/