株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が運営するリクルート ブライダル総研は、「いい結婚式」をプロデュースした事例を、全国のウエディングプランナーから募り、グランプリを決める最終審査会を実施しました。その受賞結果を発表いたします。★グランプリ★ 辻 加奈子さん 北海道札幌市想いの種まき~WEDDING SERIES 2015~ 野球大好きな2人の夢は、幼い頃から憧れの野球場で結婚式をすること!でも現実は厳しくて…。「結婚式なんてイベントで野球人の聖地を汚さないで」との言葉を乗り越えて、関係者全員に「結婚式っていいねえ」と言わせるまで!★準グランプリ★ 畑 英志さん 愛知県知立市 Wedding フェス 2016 【RISING 松井 SUN】「野外フェスします?」・・・お金がない、かしこまった感じがイヤ、恥ずかしいから結婚式はしたくない、でもフェスの自由な感じが大好き。そんな新郎新婦にプランナーが言ったこの一言から全てが始まった。「結婚式の可能性」を広げる驚きの提案とは? ★クリエイティブ賞★ 佐伯 恵里さん 群馬県高崎市 ちょっとだけ「するつもりがなかったし、したくもなかった」のに、親の希望を汲んで結婚式をすることになったふたり。憧れもなく、徹底的に他者目線の花嫁に、プランナーが提案した結婚式。 ★ソウル賞★ 髙浦 明日美さん 大阪府大阪市 過去から未来へ繋ぐ新郎両親は幼い頃に離別。20歳の時に父から義母を紹介されるが関係は今もギクシャクしたまま。14年前の1本のネクタイが繋いだ家族の物語。過去から未来へ繋ぐ結婚式。 ★ソウル賞★ 八木 有紀子さん 徳島県板野郡 伴に生きていく新郎新婦ともに知的障がい者のカップル。「当たり前」を疑い「なぜ結婚式をするのか」という問いを突き詰めたプランナーの想いがつまった結婚式。 <審査会の様子>  過去最大規模の約1000名のブライダル関係者が見守る中、8名のファイナリストが登壇。どのように新郎新婦を理解し、プランニングしたのか、結婚式の可能性やウエディングプランナーの役割、存在意義について、熱い思いの発表がありました。感動の結婚式に会場では涙を流す人も。「結婚式のプランニングは日々進化・変化しているおり、お客様の想いを高いレベルで実現するために『何とかして実現する方法を考える』という姿勢が高まっている事を感じます。そのプロセスはお客様から見えないことが多いですが、そのプロセスがあるから人々の心に残る結婚式が増えている。今回のイベントを『いい結婚式とは?』と考える機会として、ぜひご自身のプランニングを高めるきっかけとして頂ければ」とリクルート ブライダル総研所長 鈴木直樹より総評。 Good Wedding Award 2016 開催概要 ■Good Wedding Awardとは: 全国のウエディングプランナーから、この一年間で最も心に残り、カップルの想いや要望を素敵な形で実現した!と思う結婚式を応募していただき、グランプリを決めるコンテストです。プランナーが新郎新婦の想いやその背景を理解し、創造性と構成力をもってプランニングすることで、新郎新婦・ゲストの双方にとって忘れられない“心に残る結婚式”が世の中に溢れるお手伝いをすることが目的で、2011年から実施しております。今年で6回目の今大会は、過去最大の505件もエントリーがありました。当日は、予選を通過した8名のファイナリストがプレゼンテーションを行い、審査員の審査と会場による投票の結果、賞の発表と授賞式を行いました。 ■日程:2016年8月9日(火) 14:00~18:00■会場:東京国際フォーラム ホールB7(東京都/有楽町)■観覧者: ブライダル関係のお仕事に従事される方、又はブライダル専門学校など プランナーを志望される学生(約1000名参加)(参加費:無料)■審査員: 石渡雅浩(「The Professional Wedding」編集長) 鈴木直樹(リクルートブライダル総研 所長) 平山彩子( 「ゼクシィ」編集長 )         【特別審査員】クリエイティブディレクター 東畑幸多                ウエディングプランナー 葉山 泰子  ※敬称略■主催:リクルート ブライダル総研(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)■後援:(BIA)公益社団法人日本ブライダル文化振興協会■協力:(ABC)全米ブライダルコンサルタント協会■詳細:http://bridal-souken.net/gwa.html ブライダル総研とは 『リクルート ブライダル総研』は、株式会社リクルートマーケティングパートナーズに設置されている調査・研究組織です。恋愛・出会い、結婚や結婚式、夫婦関係に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。http://bridal-souken.net/ 本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/