株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作する中古車情報メディア『カーセンサー』スペシャルムービー「用心深い客」篇が3月30日(水)よりスタートすることをお知らせします。「カーセンサーアフター保証」を知らなかった悲劇!?ちょっと神経質な男性客が、中古車店で車をチェックするため、自分で全ての部品を分解してしまうというストーリー展開でお客さまの不安感を描きながら、「カーセンサー」は“万が一、車の調子が悪くなっても保証範囲内なら修理費は0円!”の「カーセンサーアフター保証」があるから安心というメッセージを伝えています。【スペシャルムービー概要】■タイトル:「用心深い客」篇■公開日:2016年3月30日(水)13:00~■「用心深い客」篇:https://youtu.be/BoSFfBVcIfw■YouTubeカーセンサー公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/CSnetMovie 中古車店を訪れた神経質な男性客がクルマをバラバラに! 【動画ストーリー】中古車店の前を通りがかった2人の若い主婦。「こんなとこに車屋さん、あったんだねえ」。その中古車店を、若い男性客が訪れています。男性は既に買いたい車がある様子で、販売員とともに車のチェックを始めます。自分でエンジンオイルを確認し、腹ばいになって車の裏側をのぞき込む男性を見て女性たちも「カワイイ顔してスゴイ」と感心するのですが…。販売員をおさえて自分でジャッキアップしたり、車の下にもぐってしまうのを見て女性たちも「そこまでするー?」と驚いてしまいます。さらに男性が自分でタイヤを外し始めるのを見て、「車買うのにそんなにする?」とちょっと呆れ声。しかし男性はタイヤを終えるとマフラー、その次はドアと、どんどん外していきます。外された部品がずらりと並べられていくのを見て、女性たちからは「プラモデルみたい」の声。男性の徹底したチェックぶりに、今度は「頑張れ〜、ファイト〜」と応援をし始めます。椅子まで外され、バラバラになった車。それを見て、女性がふと我に返ったように「知らないのかな、カーセンサー」と一言。「こんなに解体しなくても、カーセンサーならアフター保証付き」「業界最高水準万が一の際にも修理費0円」のナレーションで締めくくられます。 本リリースに関するお問い合わせ https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/