株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作するゼクシィの姉妹版『ゼクシィPremier (プレミア)』は、SPRING 2016(2016年2月23日発売)で、元サッカー女子日本代表の澤穂希(さわ・ほまれ)さんを表紙に起用することとなりましたのでお知らせいたします。昨年末、惜しまれながら現役を引退した元サッカー女子日本代表の澤穂希さん。最高の形で締めくくった現役ラストゲームの翌日、新生活や今後予定している結婚式に向けた心境をゼクシィPremierだけに語ってくれました。“選手”から“妻”へ「チャレンジモード」昨年の8月8日、10年来の友人だったサッカー指導者の辻上裕章さんと入籍をした澤さん。お相手のことを「自分のことを一番にサポートしてくれる良き理解者」と話しましたが、今後については、「これからは私が主人をサポートする番」ときっぱり。妻としての新たな生活のスタートを見据えていました。今回の撮影では、「普段自分では選ばないようなドレスを着てみました」 と数あるドレスの中から、パンツスタイルの白のドレスをセレクト。「最近は初めてのことにチャレンジしたいモード」だそうで、ドレス選びひとつでも、新たなチャレンジを楽しもうする意欲的な様子を見せていました。写真はいずれも現役時代の澤さんとは一味違った、やわらかな雰囲気が印象的です。「白のドレスを着たのは初めて。最初は緊張で表情も硬かったと思いますが、カメラマンさんがいい雰囲気に和ませてくれたので、すごく楽しめました」と仕上がりにも大満足の様子でした。挙式と披露宴は一年後を予定。ゆっくり時間をかけ、夫婦で話し合って 気になる挙式と披露宴については「1年後を予定しているのでゆっくり時間をかけて。ゲストはもちろんですが、自分たちも楽しめるものにしたい」と語る澤さん。「主人は好きなようにと言っていますが、来てくださる方々への感謝の気持ちを伝えるために料理にはこだわろう」と夫婦でも話し合っているそうです。ちなみに今まで参列した結婚式で印象深かったのは「(元バトミントン日本代表)潮田玲子さんの式で号泣しました」だそうで、友人などの披露宴に出席するたびに「必ず号泣してしまう」という涙もろい一面も明かしてくれました。 出演者情報:澤穂希 1978年東京生まれ。15歳で日本代表に初招集され、37歳まで、205試合出場、83得点。2011年ワールドカップでなでしこジャパンの初優勝に貢献し、同年度の世界最優秀選手賞を獲得。2015年8月に結婚し、12月に引退。 媒体情報 33歳からの大人なおふたりに役立つ結婚準備のノウハウを一冊にまとめた 『ゼクシィPremier(プレミア)SPRING 2016』では、特集「結婚式のお金 大人の最新相場」のほか、別冊で「季節のおもてなし見本帖」「大人の和婚本」「33歳からのハネムーンBOOK」を付録。≪公式サイト≫ http://zexy.net/mar/honshi/premier.html 本リリースに関するお問い合わせ https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/