◆海外挙式実施地域において、ハワイを選択するカップルは67.0%。旅行先としても楽しめるハワイの人気がさらに高まる ◆海外ウエディング総額は平均189.6万円。特に海外ウエディング総額が200万円以上の割合が増加傾向。 「200万円以上の層」は「200万円未満の層」より、現地でのパーティ・会食に2倍以上費用をかける一方で、列席者数は同程度。「200万円以上の層」は、結婚式実施に前向きであり、列席者への「感謝」や列席者の「満足感」をより重視する ※海外ウエディング総額=「旅行代金」+「挙式にかかった費用」+「現地でのパーティ・会食の費用」株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長  山口 文洋)が企画運営する結婚情報誌『ゼクシィ』では、海外挙式の状況について詳細に把握するために、「ゼクシィ 海外ウエディング調査」を首都圏、東海、関西の3地域で実施しました。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。                                         挙式実施地域海外挙式実施地域において、ハワイを選択するカップルは67.0%で、調査開始以来最高に。結婚式だけでなく、旅行先としても選択される傾向が強まっている ・海外挙式実施地域において、ハワイを選択したカップルは67.0%で、2010年調査以降増加傾向。 ・挙式実施地域の選択理由において、ハワイを選択したカップルはそれ以外の地域を選択したカップルに比べ、「結婚式だけでなく、それ以外の時間も楽しめるから」(31.0ポイント差)が高く、最も差が大きい。 海外ウエディングに関する費用  海外ウエディング総額は平均189.6万円で、昨年の調査を上回り、調査開始以来最高額に。さらに総額が200万円以上の割合が増加傾向にある ・海外ウエディング総額は平均189.6万円で、2014年調査より15.9万円増加。さらに総額が200万円以上の割合が42.2%で、2009年調査(25.5%)より増加。※海外ウエディング総額=「旅行代金」+「挙式にかかった費用」+「現地でのパーティ・会食の費用」 海外ウエディング総額別にみた結婚式に対する考え方 現地でのパーティ・会食の費用において、総額が「200万円以上の層」は、「200万円未満の層」より2倍以上高く、最も違いが大きい。一方で、列席者の人数は同程度である ・海外ウエディングに関する各費用において、海外ウエディング総額が「200万円以上の層」と「200万円未満の層」を比較し、違いが大きい項目は、「現地でのパーティ・会食の費用」(2.27倍)、「挙式写真撮影の費用」(1.58倍)、「2人分の旅行代金」(1.51倍)。 ・現地でのパーティ・会食の列席者数において、海外ウエディング総額が「200万円以上の層」では平均12.3人、「200万円未満の層」では平均11.2人で、ほぼ同程度。 海外ウエディング総額が「200万円以上の層」は「200万円未満の層」と比較し、結婚式実施に前向きであり、海外ウエディングで列席者への「感謝」や列席者の「満足感」をより重視する 結婚式やコミュニティに対する考え方において、海外ウエディング総額が「200万円以上の層」と「200万円未満の層」のギャップが大きい上位3項目は、「結婚式は行うのが当たり前だ」(15.8ポイント差)、「結婚式は列席者に感謝の気持ちを伝える場だ」(11.7ポイント差)、「結婚式の内容は、列席者のおもてなしを重視した」(9.9ポイント差)。 調査概要 【調査方法】郵送法 【調査期間】2015年2月27日~3月27日 【調査対象】  2014年1月~2014年12月に結婚をした首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、東海(愛知・岐阜・三重)、関西(大阪・兵 庫・京都・奈良・滋賀・和歌山)の『ゼクシィ』読者のうち、海外で挙式を予定していた人の中から地域ごとにランダムサ ンプリングし、調査票を郵送。調査票への記入は妻に依頼。 調査票発送数: 1,258件 調査票回収数:478件 回収率:38.0% 【集計サンプル数】 計439人〔首都圏:233人、東海:78人、関西:128人〕 ※回収されたサンプルのうち、対象期間内に海外挙式を実施していないものは除いています。 ※地域別の集計は「結婚前の妻の居住地」で行っています。 ※図表中の「-」は回答なしを示しています。 ※百分率は小数点第2位を四捨五入してあるため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。 ※本文中で使用している時系列のデータは、それぞれ過去に実施した同調査のデータです。調査方法、調査対象者は本年と同様、集計サンプル数については下記の通りです。 本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/