株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都港区 代表取締役社長:淺野 健)は、この度「デュアルライフ(2拠点生活)に関する意識・実態調査」を行いました。この調査は、デュアルライフ実施者(デュアラー)のデュアルライフ実態の把握を目的とした調査です。調査結果の一部を抜粋してご報告申し上げます。<本調査で対象としているデュアルライフ実施者について>本調査では、ご自身の意思で目的をもって継続的にデュアルライフ(2拠点生活)を実施している方(不労所得生活者を除く)を「デュアルライフ実施者(デュアラー)」と定義して調査しております。 ※詳細の対象者条件は添付詳細資料のP2をご参照ください。 <調査トピックス> ●デュアルライフ実施率は、全国で1.3%。また、意向率は全国で14.0%となる。(→P3) ●デュアルライフ実施者の属性は20~30代、世帯年収800万未満が5割を超える。家族構成では<既婚子あり>が4割と一番高い。(→P4) ●1都3県居住者の2拠点目の所在地は、1都3県の他<静岡県><長野県>が多く選ばれている。(→P10) ●移動時間は「1時間以上~1時間30分未満」と「1時間30分以上~2時間未満」で約4割を占め、移動手段としては 「電車」が7割弱、「自家用車」が6割弱で特に高い。 (→P12、13) ●本人不在時の2拠点目を何かしらの運用をしている人が46.1%。(→P15) ●2拠点目への移住意向として「移住したいと思う+やや移住したいと思う」人は6割弱。年代別でみると、20~30代で移住意向度が高い。 (→P17) ●2拠点生活開始前後の生活満足度の変化について「満足度が上がった+やや満足度が上がった」人は8割弱と、満足度が向上した人が圧倒的に多い。 (→P18) 本件の詳細はこちらよりご覧ください。 Pressrelease_duallife_4.pdf (1824.3KB)