―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――検討期間が「平均18.7日」と過去3年で最短。「駅からの距離」より「内装のキレイさ」「住宅設備のキレイさ」を重視する。―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長 淺野 健)は、賃貸物件を契約した人を対象に調査を実施してきましたが、このたび2016年度の賃貸契約者調査の結果(2017年5月実施)をまとめましたので一部を抜粋してご報告申し上げます。 ―――――――――■調査トピックス――――――――― ●部屋探し開始から契約するまでの期間は、平均18.7日。過去3年で最短。 8割以上の人が「1日~30日(1ヶ月)未満」で契約をしている。(4P) ●通勤時間は平均40.5分。過去3年で最短。「30分未満」が3割弱を占める。(7P) ●「駅からの距離」 より「間取り」「設備」「内装」を優先する。「耐震性」「外装」「遮音性」「断熱・省エネ性」は優先度が低い。(8P ●次に引っ越すときに欲しい設備は「エアコン付き」「都市ガス」「TVモニター付インターフォン」が上位。昨年より「Wi-Fi」「浴室乾燥機」「宅配BOX」などの必要度が高まった。(9P) ●魅力を感じる付帯サービスは「家賃ポイントシステム」 が1位。「エアコンの定期清掃サービス」「24時間カスタマーセンター」「クレジットカード決済サービス」の魅力度も高い。(10P)年代別では年代の若い層は“クリーニング関連サービス”に魅力を感じやすい。(11P) ●実家と一人暮らしした賃貸の住宅性能の満足度を比較すると【~20代】では実家、【30代以上】では賃貸契約物件の満足度が高い。(12P) 本件の詳細はこちらよりご覧ください。 chintai_cyuosa_20170915.pdf (1731.3KB)