株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:野口孝広)は、このたび「『住宅購入・建築検討者』調査」を行いました。この調査は、住宅の購入・建築を検討している人を対象に、検討にあたっての予算や頭金の状況、検討する物件の種別、検討にあたって重視する条件などを把握することを目的とした調査です。2015年の調査結果の一部を抜粋してご報告申し上げます。---調査トピックス---1.検討種別としては、「注文住宅」が58.2%と最も多い。「新築分譲一戸建て」「新築分譲マンション」が3割強と続く2.検討理由としては、「子どもや家族のため、家を持ちたいと思ったから」がトップで36.7%3.検討時の生活や暮らしに期待する点をライフステージ別にみると、シングル女性は「安全・プライバシー」、シングル男性は「心のゆとり・快適な一人暮らし」への期待が高い 4.仕様や設備に対する重視項目を検討種別ごとにみると、新築分譲マンション検討では「セキュリティ」、中古マンションでは「遮音性・防音性」、注文住宅では「太陽光発電」を重視 5.住宅検討の総予算は平均3863万円。昨年より73万円アップ、頭金は平均1109万円 6.消費税増税前に住宅購入・建築の意向があるかについては、増税前に購入/建築したいが65.9%、こだわっていないが34.1% 7.消費税増税に関する認知度は82.2%だったが、増税と不動産取引に関する内容認知度は2~3割にとどまった 本件の詳細はこちらよりご覧ください。 160226_kentou2015.pdf (1906.0KB)