株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:野口 孝広)は、『リノベーション・DIYに関する意識調査』を行いました。このたび、結果を取りまとめましたので、概要をご報告致します。-------------------調査トピックス-------------------●「リノベーション」という言葉は、95.0%が認知。関心を抱く人も増加し、近年リノベーション市場の広がりがうかがえる。 ●首都圏、札幌、福岡は「リノベーション」に対する関心が高い。また2012年に比べ特に関心が高まったエリアは、仙台と東海。 ●リノベーションの魅力は、2012年では“ローコスト”がトップだったが、2014年では“自分らしさの表現”がトップになっている。 ●2012年との比較で特に伸び率が高かったのは“保証・アフターサービス”。 ●「リノベーション」を今後検討したいと考える人は67.9%を占め、2012年に比べ11.0ポイント上昇。 ●「DIY」という言葉は、90.7%が認知。77.7%が「DIY」とはどのようなものか理解し、52.4%は関心を持っている。 ●これまでの「日曜大工」というイメージに加え、20代は「DIY」に対して「おしゃれ・かわいい・かっこいい」「女性向き」「楽しい・ワクワク」「インテリア」などのイメージが全体に比べて高い。 ●実施意向のトップ3は“照明器具の交換”、“壁にフック等の取り付け”、“蛇口やシャワーヘッドの交換” 。 ● 20代では、“キッチンのデコレーション”、“壁紙を貼る・ペイントする”、“家具を塗装する”、“バルコニーにデッキやタイルを張る”といった自分なりの装いを求める項目の意向が特に高い。 ●壁への“フック取り付け”、“棚の取り付け”、“デコレーション”、“ペイント”をはじめとして、17項目中14項目(“その他”を除く)で「DIYを行うことが楽しい(楽しそう)ので」という意向理由が一番高い。 本件の詳細はこちらよりご覧ください。 141217_renovation_DIY.pdf (1361.2KB)