株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:野口孝広)は、住宅リフォームの実施者を対象に調査を実施しました。2013年の調査結果の一部を抜粋してご報告申し上げます。-------------------調査トピックス-------------------※本調査はリフォーム費用300万円以上の方々を対象に調査しています【実施者全体の傾向】・リフォームをした部分のトップは「浴室」で59.8%(P3)。「キッチン(台所)」「洗面室」「トイレ」といった水まわりが上位となった。・リフォームをしたきっかけのトップは「住宅設備が古くなった・壊れた」で46.2%(P4)。【二世帯リフォームについて】・リフォーム実施者のうち「二世帯リフォーム」の実施は20.4%(P7)。「二世帯リフォーム」実施の理由は、子世帯・親世帯ともに「親の老後のことを考えたから」がトップ(子世帯34.7%、親世帯38.8%)。以下、「家が老朽化したから」「家族が一緒に生活した方が安心だから」と続く(P8)。・「二世帯リフォーム」にしてよかったことは、親世帯・子世帯ともに「いざというときに身寄りがいる安心感がある」がトップ(子世帯47.2%、親世帯49.0%)。 子世帯では、「旅行に行くときなど安心して家を留守にできる」、「生活費の節減ができること」「食事の用意をしてくれること」など親世帯のサポートを求める項目が続く。 親世帯では、「話し相手になってもらえること」、「土地や資金を助け合えること」、「孫に頻繁に会えるようになったこと」など、コミュニケーション・協力姿勢に関する項目が続く(P9)。 【エコリフォームについて】・リフォーム実施者のうち「エコリフォーム」の実施者は20.4%。(P10)。・「エコリフォーム」を検討したきっかけは「節電、震災といった環境変化に伴い、エネルギーを自宅でまかなうこと等に意識的になっていたから」がトップで43.1%。、「自然や環境に負荷のない生活をしたいと思っていたから」(41.3%)が続く(P11)。・「エコリフォーム」で興味関心があったものは「断熱材や二重サッシの導入など断熱性・気密性の向上」が高く38.9%(P12)。・「エコリフォーム」への追加費用許容金額は、「10万円超~50万円」が最も多く25.7%(P13)。・「エコリフォーム」実施者の90.5%が満足と回答(P14)。 -------------------調査概要-------------------■調査目的リフォーム実施者のリフォーム選択における意識や行動の把握 ■調査対象・回収数 下記条件を満たす首都圏・関西・東海の男女・20歳以上・300万円以上のリフォームの3年以内 実施者・「主にあなたが検討した」「主ではないが、検討には関わった」回答者 *上記いずれも本人または家族が下記職業の者を除外 住宅メーカーまたは販売、不動産・建設関連、広告代理店・市場調査関連 ■ 調査地域  ・首都圏:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・関西 :大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県・和歌山県・東海 :愛知県・三重県・岐阜県 ■ 調査方法 インターネットリサーチ ■ 調査期間 スクリーニング調査 2013年8月20日(火)~2013年8月22日(木)本調査 2013年8月22日(木)~2013年8月23日(金) ■ スクリーニング調査対象   126,159人 ■ 本調査有効回答数 619サンプル  ■ 調査実施機関 株式会社マクロミル 本件の詳細はこちらよりご覧ください。 2013年リフォーム実施者調査 131121.pdf (1914.5KB)