株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:北村 吉弘、以下、「リクルート」)は、2020年1月6日に株式会社リクルートホールディングスが「当社連結子会社である株式会社リクルート(メディア&ソリューション事業)の組織再編に関するお知らせ」にてお知らせした通り、本日開催されたリクルートの取締役会において、以下の内容にて、完全子会社を吸収合併すること(以下、「本吸収合併」)を決議いたしましたのでご報告いたします。

吸収合併消滅会社(7社)

吸収合併存続会社

本吸収合併の効力発生日

本吸収合併において吸収合併消滅会社となる上記7社は、2012年に当社の中核事業会社・機能会社として設置され、それぞれの領域で、提供価値を高めるべく各事業を推進してきました。2018年4月からリクルートは、メディア&ソリューション事業の統括会社(中間持株会社)となり、同事業における戦略策定、意思決定の迅速化及び、Air BusinessTools等による中小企業の業務・経営支援サービスに取り組んできました。

これら各中核事業会社・機能会社が培ってきた事業運営ノウハウや多様な人的資産をリクルートに集約し、更なる提供価値の向上と、新しい価値の創造による社会への貢献を目指すために、本吸収合併によって、中核事業会社・機能会社をリクルートに統合することが最適であるという判断に至りました。

新たな組織体制のもと、新しい価値の創造を通じ、社会からの期待に応え、一人ひとりが輝く豊かな世界の実現に向けて、より多くの『まだ、ここにない、出会い。』を提供していきます。

本件に関する「よくあるご質問」はこちら(https://www.recruit.co.jp/20210401_faq.html