出産・育児・パートナーに関する実態調査(2015)

出産・育児

2015年09月15日

株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)に設置された出産・育児に関する調査・研究機関「赤すぐ総研」(http://akasugu.fcart.jp/souken/)は、この度、0~2歳のお子さんのいらっしゃる既婚者を対象に、出産実態に関する調査を実施しました。その結果をお知らせいたします。

主な調査結果

【出産実態】

出産方法
■自然分娩での出産は76%。帝王切開は19%。
■立ち会い出産率は28%で、20代では3割以上に上る。
■40代では帝王切開が3割近くに及んでいる。

出産費用
■出産費用の平均は43.56万円。
■エリア別で最も費用が高いのは関東で、平均47.91万円。

 

【パートナー関係】

自己評価とパートナーからの評価の比較
■概して妻は自己評価が厳しく、夫は自分自身に対しても、妻に対しても寛容。
■「子どもの親」としての評価は、夫自身は67点、妻自身は64点。夫は妻に対して74点と妻の自己評価より高く、100点満点と回答した人が18%を占める。
■「異性」としての評価は、夫については自己評価、パートナーからの評価がほぼ同程度で53点前後。妻は自己評価が40点台と低いが、夫は妻に対して60点台を付けており、妻の自己評価が著しく低い結果に。

生活への充足度
■20代の若い世代では、他の世代に比べて充足感が低い傾向。
■出産直後よりも、3~5カ月ごろが最も生活の充足感が高く、男女とも充足度は70点以上。その後、ゆるやかに充足感が減少していく。

 

調査内容の詳細は下記添付PDFをご参照ください。

Get ADOBE® READER®

Download Adobe® Reader®

get AdobeReaderPDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。