乳児と母親の予防接種に関する実態調査(2015)

出産・育児

2015年09月29日

株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)に設置された出産・育児に関する調査・研究機関「赤すぐ総研」(http://akasugu.fcart.jp/souken/)は、この度、0~2歳のお子さんのいらっしゃる既婚女性を対象に、予防接種に関する調査を実施しました。その結果をお知らせいたします。

主な調査結果

【子どもの予防接種】

子どもに受けさせた予防接種
■生後2ヵ月から接種が始まる「ヒブ(Hib)」「小児用肺炎球菌」は、2ヵ月で66%、3~5ヵ月で9割超が接種。
■1歳で接種が推奨される「水痘(みずぼうそう)」は1歳前半で66%の接種率。同じく1歳で対象となる「MR」は1歳前半で74%。
■上に兄姉がいる家庭では、最新の任意の予防接種を受ける割合が低い傾向。

子どもに予防接種を受けさせた機関
■85%が「かかりつけの小児科」と回答。混雑などを回避するためか、「予防接種のときにだけ行く小児科」が18%、「小児科以外の病院・クリニック」(6%)という回答も。

予防接種のスケジュール管理
■スケジュール管理は85%が「かかりつけ医の指導」に従っている。

予防接種の同時接種
■91%が同時接種を経験済み。3ヵ月以上では月齢が低くなるほど同時接種の割合は高い傾向。

 

【自分の予防接種】

風しんの抗体検査について
■風しんの抗体検査を受けた人は、75%。
■風しんの抗体価が低いことがわかった人の半数近くが「何もしなかった」。

自分が受けた予防接種
■33%が妊娠中に「インフルエンザ」の予防接種を受けている。産後の「インフルエンザ」予防接種率は36%。

 

調査内容の詳細は下記添付PDFをご参照ください。

Get ADOBE® READER®

Download Adobe® Reader®

get AdobeReaderPDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。