【美容センサス2020年下期】≪美容意識・購買行動≫
女性のメイクの頻度や時間は、新型コロナウイルス感染症拡大後に「減った」が43.5%。メイクで気にしているのは「目元」・「マスク」・「カメラ映り」。男性はメイクアップアイテム全てで購入率が昨年を上回る。特に20代男性の「下地」「コンシーラー」は前年から大幅増加

美容・ヘルスケア

2020年12月03日

株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の美容に関する調査研究機関「ホットペッパービューティーアカデミー」(https://hba.beauty.hotpepper.jp/)は、全国の人口20万人以上の都市居住者のうち、15~69歳の男女1万3,200人を対象に、美容意識と購買行動の利用に関する実態調査を実施しました。その結果をご報告いたします。

調査トピックス

【悩みを感じるパーツ】

・女性の悩みを感じるパーツは、「顔のシミ・シワ・ホウレイ線」が4年連続1位
 「白髪」は2017年から順位が上昇傾向
・男性の悩みを感じるパーツは、「薄毛・抜け毛」が4年連続1位

【メイクアップアイテム購入率】

・女性全体のメイクアップアイテム購入率は、前年と比較して全アイテムで減少
 最も減少幅が大きいのは「口紅・グロス」、次いで「チーク」「ファンデーション」
・男性全体のメイクアップアイテムの購入率は、全てのアイテムで前年を上回る
 特に20代男性の「下地」「コンシーラー」の購入率が前年から大幅増加

【コロナ前後※のメイク・スキンケアの頻度や時間の変化】

・女性のメイクの頻度や時間は、コロナ後に「減った」が43.5%で最も高い
 理由の1位は「マスクで顔が隠れるようになったから」(66.0%)
・コロナ後のメイクで気をつけていることは、メイクの頻度や時間の変化に関わらず「目元」・
 「マスクが汚れないようにする」・「カメラ映りが良くなるように」などのコメント・意見が多数

コロナ後のメイクで気をつけていること(女性全体・自由回答 抜粋)

▼マスク着用時のメイク
「目元だけ」(20代/正社員)「マスクが汚れないようにファンデーションを塗らなくなった」(40代/パート・アルバイト)「眉メイクを丁寧にする」(30代/正社員)
▼Web会議やオンライン飲み会のためのメイク
「ポイントメイクをきもち華やかにする」(30代/正社員)
「カメラ映りが少しでも良くなるよう濃いめのメイクをする」(10代/学生)

【コロナ前後のサロン利用・継続状況/継続理由】

・「コロナ後」のサロン・施設利用者のうち、「コロナ前」と同じサロン・施設を利用している人
 の割合は男性が約7割~8割超、女性は8割前後。継続の理由で最も多いのは「施術者・スタッフを信頼しているから」

 

詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2020/12/RecruitLifestyle_HBA_20201203_002.pdf

Get ADOBE® READER®

Download Adobe® Reader®

get AdobeReaderPDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。