2014年度の1年間に顕著な実績をおさめた宿泊施設を表彰 「じゃらんアワード2014」 北海道ブロック発表!

旅行

2015年07月03日

株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野健)が運営をする旅行サイト『じゃらんnet』、国内旅行情報誌『じゃらん』、観光に関する調査研究機関「じゃらんリサーチセンター」は、7月3日に札幌グランドホテルにて開催いたしました「じゃらんフォーラム2015」にて、2014年度の1年間に顕著な実績を収められた北海道ブロックの宿泊施設を表彰する「じゃらんアワード2014」(北海道ブロック)を発表いたしましたので、ご報告いたします。

結果

【施設紹介】
旭川の中心部に立地する最上階に露天風呂付き天然大浴場があるホテル。女性用の浴場にはスチームサウナなどもつき、アメニティもこだわりのあるものを使用し、高評価を得ている。
総客室数176室の客室はシングルやツインの他に、コンフォートやクイーンなど、どんな利用にも対応可能。朝食は炙り焼きやできたてを味わえる卵料理などが人気で、クチコミでも評価が高い。

【施設紹介】
十勝川のほとりで大地がもたらした恵みをそのままに、極上の時を楽しめる宿。温泉は北海道遺産に認定された植物性モール温泉。
食事は十勝19市町村から選りすぐりの食材を集めた「十勝ビュッフェ」や、料理長渾身の料理が並ぶ「和食会席膳」、目の前で焼き上げる贅沢なフルコースを楽しめる「鉄板焼き」を用意。
全てのクチコミに対して丁寧に返信。返信内容には、次回の宿泊提案や返信当日の十勝の気候など、さまざまな内容でクチコミへの返信を通じて、お客さまと会話のキャッチボールを行っている。
現在も『じゃらんnet』ではクチコミ総合4.4と高得点を維持し、特に接客・サービスは最高点4.5となっている。

【地域紹介】
新しく、秋の十勝の過ごし方として「とかちハロウィン」を広域で実施。十勝川温泉・帯広市内ホテル・北海道ガーデン街道・スイーツ店・トマムの各ハロウィンイベントや取り組みを「とかちハロウィン」と総称し「点」を「線」で結ぶ仕掛けを実行。
「農業王国・十勝だからこそできるハロウィン」のイメージを創出することで、秋の集客UPを狙う取り組みをスタート!今後は、地域一体となって十勝の秋の風物詩として育てていく予定。

【施設紹介】
札幌の中心にありながら、温泉宿のぬくもりとホテルの快適さを併せ持つ「都会の温泉宿」をテーマに、全150室の本格天然温泉やリラクゼーションを備え、全館、浴衣と雪駄でゆったりくつろげる癒しの宿。
湯上りには男女問わず満足いただけるリラクゼーションメニューを多数ご用意。
食事処では一品料理や会席コースで北海道の旬な味覚を楽しめる。プラン作成時には、お客さまが喜ぶプランを『じゃらん』担当者とスタッフで毎回考案している。
2014年度『じゃらんnet』は前年比130%の売上を達成。グループのお客さまに宿泊していただけるようになり、平均客室単価が飛躍的に伸びた。

【施設紹介】
札幌の副都心・新札幌のランドマークタワーとして、2014年10月にリブランドオープン。地下1階には、2,000_の広さを誇るリラクゼーション施設「Spa Alpa」を併設。
高層階客室スカイコーナーツインルームとスパ、そして「カフェ・ドム」でいただく朝食ビュッフェをより多くのお客さまに体験してもらうことを実現。
チケットを利用したお客さまが日帰りスパをリピーターとして利用するなど、地元のお客さまの利用にも繋がった。

「じゃらんアワード2014」について

2014年度1年間で素晴らしい実績を収められ、また取り組みをされた宿泊施設に贈られる『じゃらん』認定の表彰です。顕著な実績を称える「じゃらん OF THE YEAR」では、「泊まってよかった宿大賞」「売れた宿大賞」「プロフェッショナル大賞」「ベストコミュニケーション大賞」を宿泊施設に贈ります。また今年「ポンパレ編集長が選ぶポンパレグッドディール大賞」などを新設し、全国のブロック(北海道、東北、関東・甲信越、東海、近畿・北陸、中国・四国、九州、沖縄)ごとに表彰致します。

Get ADOBE® READER®

Download Adobe® Reader®

get AdobeReaderPDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。