日本全国173カ所のゲレンデが、この冬19歳のリフト券をタダにします! 10月18日より『雪マジ!19 〜SNOW MAGIC〜2013』会員登録開始

旅行

2013年10月18日

株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 北村吉弘)に設置された観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター(以下JRC)」は、2011年度、2012年度に続き、19歳のリフト券を無料にし、スキー場のフリーミアムビジネスを目指すスキーエリア再活性化のための若者需要創出プロジェクト『雪マジ!19(※)〜SNOW MAGIC〜 2013』を企画・実施いたします。
10月18日(金)より、JRCの呼びかけに賛同した日本全国173カ所のゲレンデと連携し、2013年度『雪マジ!19〜SNOW MAGIC〜』の会員登録を開始いたします。
(※)読み方:ユキマジナインティーン

『雪マジ!19 〜SNOW MAGIC〜 2013』概要

スキー・スノーボードなどのスノーアクティビティは、年齢が上がるにつれて参画率が低下するという特徴があるため、若年層・初心者層の取り込み強化と、その後、長く継続していただくための方策が必要となります。本プロジェクトは、このような業界・地域に共通する課題に取り組むため、「スキー場フリーミアムモデル」を導入することで、重要なエントリー層である19歳層を中心とした若年層を増やし、今後長きにわたってスキー場を再活性化させる目的で、2011年11月に観光庁後援のもと発足いたしました。

活動初年度(2011年度)は、国内89カ所のゲレンデと連携し19歳のリフト券を無料に。結果、19歳会員登録数5万人、延べ動員数12.8万人を達成しました。2年目(2012年度)は、賛同スキー場は136カ所(1.5倍強)となり、19歳登録会員数約10.8万人(2.1倍)、延べ動員数34.6万人という実績を残しました。 2012年度の「雪マジ!」を利用した19歳の「平均来訪回数」は3.21回、「翌年度の再来訪意向」は99.9%で、実際初年度の会員が20歳になった際には、92%が再来訪しています。また、「レンタル用品」の利用は57%、「付近の商店で買い物」が63.3%、「ゲレンデ内のレストラン・カフェで食事」は84.7%が利用しており、付帯サービスを利用する傾向が高いことも特徴として見えてきました。

2013年度は、初年度と比べ約3倍となる15万人の19歳会員の獲得を目指し、プロジェクトを推進してまいります。

  • ■『雪マジ!19 〜SNOW MAGIC〜 2013』の特長:
    1. 今年度の19歳を対象に日本全国173ゲレンデ(昨年比約1.27倍)でリフト券が無料!
      2013年度は、志賀高原19ゲレンデ・斑尾高原(長野県)、夏油高原(岩手県)、芸北国際(広島県)など44ゲレンデが新たに参画。初年度より3年連続参画は71ゲレンデ、2012年度からの継続は56ゲレンデ、初年度からの復活は2ゲレンデ、計173ゲレンデが、リフト券を無料に。
    2. 昨年度の19歳(今年度20歳)に向けたリピートキャンペーン「雪マジ!20」実施!
      永続的にスノーアクティビティに触れ、生涯顧客となって頂くために、2012年度の雪マジ!19歳(今年20歳)に向け、昨年度参画ゲレンデ有志による割引特典実施(11月1日開始予定)
    3. 19歳でなくとも最大9000人に無料リフト券、19歳紹介キャンペーン実施!
      19歳を3人紹介で1枚、5人紹介で2枚の無料リフト券がもらえるキャンペーン開催。
  • ■対象者:1994年4月2日〜1995年4月1日生まれの男女
  • ■対象期間:2013〜2014年冬季シーズン
     ※スキー場の営業開始・終了期間は各々異なります
  • ■公式サイト(PC・スマートフォン):http://www.jalan.net/yukimaji19/
  • ■登録・適用方法:
    1. 公式サイト会員登録コーナーより、PC・スマートフォンにて会員登録(当日登録可) ※登録無料
    2. スキー場で、登録時に発番された会員番号と指定の写真付き身分証明書をリフト券交換時に提示
  • ■会員登録開始日:2013年10月18日(金)13:00〜
     ※会員有効期限は2014年4月15日。シーズン中何度も行使可。
  • ■対象スキー場:北海道から九州まで全国173ゲレンデ
     ※該当スキー場名は別紙,もしくは右記参を照ください
    http://www.jalan.net/theme/yukimaji19/list.html
▲イメージキャラクター「雪まじょ」と「だるまん」

『雪マジ!19 〜SNOW MAGIC〜 2013』参画173スキー場(2013年10月11日時点)

※数字は参画回数;3は初年度より3回継続参画、2は昨年度より参画、2※は初年度と今年度参画、初は今年度初参画。

参考『雪マジ!19 〜SNOW MAGIC〜 2013』との連携事業『雪マジ!ふくしま』について

福島県は東北索道協会福島地区部会と連携し、平成26年1月14日〜3月31日の期間中、若年層のスキーリフト代無料措置化事業「雪マジ!ふくしま」を実施します。
今年で3年目となる本事業では、関東圏や隣接県を中心に、本県スキー場の認知拡大、会員獲得及び宿泊周遊促進に係るプロモーションにも力を入れ、冬季の観光誘客や地域経済の活性化に取組んでいきます。

  • 【事業主体】東北索道協会福島地区部会
  • 【対  象  者】今年度の20歳〜22歳の方(1991年4月2日〜1994年4月1日生まれ)
  • 【実施期間】 平成26年1月14日〜3月31日
  • 【対象ゲレンデ】福島県内の 21スキー場
  • 【サイトURL】 http://www.tif.ne.jp/20-22free/
    ※平成25年10月18日より本オープン予定です。
    ※Facebook及びツイッターでも専用ファンページを開設します。
  • 【企画概要】
    • 本事業では、今年度20歳〜22歳になられる方を対象に、福島県内21スキー場の平日リフト1日券が無料となります。 ※ナイターは除きます。
    • 対象年齢のユーザーが「雪マジ!ふくしま」を利用するには、上記専用サイトから事前登録の上、ゲレンデでの身分証提示が必要です。
      ※注意事項 以下に対する本事業の割引・返金は行われませんので、どうぞご注意ください。
      (例)元々購入していたリフト券やシーズン券/元々リフト料金が含まれている団体ツアー・スキーツアー/元々リフト料金が含まれている各種商品(例:宿泊プラン等)…等

▼対象スキー場一覧
二本松塩沢スキー場、あだたら高原スキー場、グランディ羽鳥湖スキーリゾート、只見スキー場、猪苗代スキー場、裏磐梯スキー場、沼尻スキー場、檜枝岐温泉スキー場、会津高原だいくらスキー場、会津高原南郷スキー場、会津高原高畑スキー場、会津高原たかつえスキー場、グランドサンピア猪苗代リゾートスキー場、星野リゾート裏磐梯猫魔スキー場、リステルスキーファンタジア、箕輪スキー場、星野リゾートアルツ磐梯、グランデコスノーリゾート、フェアリーランドかねやまスキー場、スキーリゾート天栄、ファミリースノーパークばんだい×2
(福島県内 21スキー場)

<全年齢対象>先着9000枚!無料リフト1日券をプレゼントする紹介キャンペーン

【全年齢対象】紹介による19歳の新規登録で、先着9000枚の無料リフト1日券を、紹介者にプレゼントするキャンペーンを会員登録開始にあわせて実施します。19歳を3名紹介で1日リフト券を1枚、5名紹介で1日リフト券を2枚(同一ゲレンデ2枚でも、違うゲレンデ1枚づつでも可)をプレゼント。
※9000枚がなくなり次第終了
※リフト券は全国のゲレンデが対象
※リフト券の上限枚数はゲレンデ毎に異なります

Get ADOBE® READER®

Download Adobe® Reader®

get AdobeReaderPDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。