『じゃらん東北 2016-2017』3月11日(金) 発売!
~東北をお出かけでもっと元気に! 東北の域内観光から東北の復興を!~

旅行

2016年03月10日

株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が企画・編集を行う国内旅行情報誌『じゃらんムックシリーズ』(編集長:宮下 真衣子)は、東北を愛する人に向けて、東北を1年間遊び尽くすためのお出かけガイド『じゃらん東北 2016-2017』を、東北6県を中心に書店やコンビニエンスストア、またインターネットで2016年3月11日(金)より発売いたします。

概要

■ムックの特徴

『じゃらん東北』は「東北をお出かけでもっと元気に! 東北エリアをすみずみまで遊ぶ、東北再発見マガジン」をコンセプトに掲げ、東北の域内観光を促進し、東北の復興を盛り上げるために2012年3月12日に創刊しました。「ワクワクするお出かけ情報が欲しい」「東北をお出かけで元気にしたい」という東北の方々の声をもとに、『じゃらん』編集部が東北6県全域を徹底調査し、東北のお出かけ情報をこの一冊にまとめました。
震災から5年目の発売となる『じゃらん東北2016-2017』は、ここ数年で新スポットが続々と誕生している東北の「今」に注目しました。「新発見」をコンセプトに加え、今年ならではのおすすめスポットや宿泊施設の情報を多数紹介しています。掲載しているレジャーやグルメスポット・宿泊施設は全708件です。東北の「今」を『じゃらん』ならではの視点でお届けします。

jalanTouhoku_img1

■特集(一例)

◇最新&話題のおでかけニュース33
宮城県仙台エリアは仙台うみの杜水族館、秋保ワイナリーなど話題のスポットについて、また2019年に日本で開催されるラグビーW杯の開催地の一つである岩手県釜石市は、世界遺産や人気キャラクターのカフェなどについて紹介します。さらに、桜の名所・弘前公園そばにニューオープンする有形文化財を活かしたカフェ情報など、東北エリアを「新発見」できる33スポットの情報を特集しています。

jalanTouhoku_img2

◇発表!道の駅ランキング2016
東北6県在住の男女600人が選んだ、東北エリアの「道の駅」ランキング結果を発表。満足した理由をはじめ、注目の新商品や2016年の取り組みを徹底取材。また、ランクイン記念としてオリジナル丼が各「道の駅」で販売予定(1年間)です。意外と知られていない、地元ならではの周辺情報も紹介しています。

jalanTouhoku_img3

◇東北 最旬ドライブ36コース
絶景名所、復活した老舗ラーメン店、人気観光地に佇む静かな美術館、新道開通で利便性が高まった注目エリアなど、王道から穴場まで、今行くべきスポットを絶景・グルメ・パワースポットなどの切り口でドライブコースに仕立てています。

jalanTouhoku_img4

◇温泉ソムリエが案内する、東北の名湯
東北の名湯を全国の温泉ソムリエが23箇所厳選し、紹介します。乳頭温泉郷が透明になる日、3分しか浸かれない露天風呂など、温泉好きでも知る人の少ない「再発見」の湯が見つかる内容となっています。

[誌名] 『じゃらん東北 2016-2017』
[仕様] A4変形(縦286mm×横210mm) ・244ページ+別冊24ページ
[定価] 690円(税込み)
[発売日] 2016年3月11日(金)発売 ※1年間流通(コンビニは2カ月間)
[販売地域] 東北6県を中心に書店・コンビニエンスストアや、インターネットから購入いただけます

Get ADOBE® READER®

Download Adobe® Reader®

get AdobeReaderPDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。