ツーリズムを通じて日本の食と農の魅力を発信し、地域活性化を目指す 異業種4社が第2回インバウンド「食農グリーンツーリズムモニターツアー」を実施
~ 7月18~20日 千葉・神奈川・東京を周遊し、収穫体験・直売所巡り・料理レッスンなどを実体験 ~

旅行

2016年07月15日

農林中央金庫
株式会社ABC Cooking Studio
株式会社リクルートライフスタイル
株式会社農協観光

農林中央金庫、株式会社ABC Cooking Studio、株式会社リクルートライフスタイル、株式会社農協観光の4社は、地方交流人口の増加による地域活性化と、日本食の魅力発信による輸出拡大を目指し、2016年2月に包括的パートナーシップ協定を締結いたしました。各社の強みを生かしつつ、現在、国内外の旅行者へ向けたグリーンツーリズムのツアー開発に取り組んでおります。

2016年7月18日(月)から、第2回目となるインバウンド向け「食農グリーンツーリズムモニターツアー」を実施いたします。今回はシンガポールのABCクッキングスタジオの生徒10名を招き、「食と農」をテーマに、東京・千葉・神奈川エリアを2泊3日で巡るツアーとなります。ツアーでは、久留里伝統「黒文字楊枝作り」体験や屋形舟で地元食材を使った食事が食べられるなど、日本ならではの食と文化の体験。また、JA直売所の見学・買い物や農園での収穫体験など、農作物における「ジャパンブランド」の質の高さを体感してもらえるようなプログラムとなっています。

今後はインバウンドに限らず、国内からもさまざまな対象でモニターを募り、今年度から来年度にかけ計10回ほどのモニターツアーを計画しています。モニターツアーの効果検証と企画開発を並行することで早期の商品化を目指してまいります。


<第2回 食農グリーンツーリズムモニターツアーの実施概要(予定)>

7月18日(月)

◎JA富里市 「旬菜ひよし館」(9:45~10:45)
・直売所を見学、買い物
◎袖ヶ浦市平岡公民館(11:45~13:20)
・房州名物「太巻き」作り体験、昼食
◎久留里観光交流センター(13:50~15:30)
・久留里伝統「黒文字楊枝作り」体験
◎JAきみつ「味楽囲さだもと店」(16:00~16:30)
・直売所を見学、買い物
協力:JA富里市・JAきみつ


7月19日(火)

◎よこはまあさひブルーベリーの森/横浜市旭区(10:30~11:30)
・ブルーベリー収穫体験等
◎飯田雀のお宿まゆの会/横浜市泉区(12:00~15:00)
・女性生産者とともに流しそうめん体験、昼食等
◎オーガスタ―ミルクファーム/横浜市瀬谷区(15:30〜16:00)
・牛舎見学、朝採りミルクのジェラード試食
◎屋形船 濱進(19:00〜21:30)
・屋形船で地元の食材を使った夕食、夜景鑑賞
協力:JA横浜


7月20日(水)

◎「ABC Cooking Studio plus international」(11:30~13:30)
・東京ミッドタウンのスタジオにて和食の料理教室体験
◎日本橋散策(14:00~16:00)
・浴衣の着付け体験、日本茶の淹れ方体験


※ツアー実施時間は、現時点での予定を記載しておりますが、変更となる場合がございます


<<参考:第1回目「食農グリーンツーリズムモニターツアー」内容報告>>

体験内容

4社は、グリーンツーリズムのツアー商品化に向け、マーケティングを目的としたモニターツアーを2016年4月より開始し、第1回目は香港のABCクッキングスタジオの会員を対象に関西エリアで実施いたしました。日本への興味・関心が高く、SNSでの発信力も高い女性を10名招き、関西国際空港を起点に和歌山・奈良・京都の3都市を周遊しました。ツアー内では、JA直売所の訪問や、地元の方や生産者との交流、収穫体験、地場食材を使った調理体験など、「食と農」をテーマにおいたプログラムを体験してもらい、アンケート調査などからツアー商品の検証を行うとともに、参加者の目から見た日本の魅力を発信してもらいました。


体験を伴うプログラムに高い評価

ツアー後のアンケート結果によると、地元で採れる桃を使ったジャム作りや、京野菜を使った和食作りなど、実際に自身が体験できるプログラムに高い評価が集まりました。また、一般的なガイドブックに掲載されていない直売所の訪問に対しても、高い関心が寄せられるなど、食と農に特化した地域性の強いツアー商品へのニーズを顕在化することができました。


【第1回 関西エリアでのモニターツアーの様子】

greenTourism_img1


▼ツアーの模様を編集したダイジェスト動画はこちらよりご覧ください▼
https://www.youtube.com/watch?v=BQQg6aU6Ezw

Get ADOBE® READER®

Download Adobe® Reader®

get AdobeReaderPDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。