2018

Feb

05

カテゴリ

~もうすぐバレンタインデー!『ゼクシィ』が先輩妻1,000人に徹底調査~夫の評価は妻の評価?プレゼントにはどんな思いが?妻の2人1人が夫のホワイトデーのお返しに関与!夫がもらってきて嫌なバレンタインデーのプレゼントの第1位は?新婚夫婦とベテラン夫婦で圧倒的な温度差が発覚!

\この記事をシェア/

\働く仲間を募集中/

カテゴリ
2018-02-05

~もうすぐバレンタインデー!『ゼクシィ』が先輩妻1,000人に徹底調査~夫の評価は妻の評価?プレゼントにはどんな思いが?妻の2人1人が夫のホワイトデーのお返しに関与!夫がもらってきて嫌なバレンタインデーのプレゼントの第1位は?新婚夫婦とベテラン夫婦で圧倒的な温度差が発覚!

2018年2月 5日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作する結婚情報誌『ゼクシィ』は、20~49歳の既婚女性を対象に、バレンタインデーとホワイトデーに関するアンケート(n=1,000 インターネット調査 2018年1月実施)を行いましたので、結果をご報告いたします。

夫のホワイトデーのお返し選びには、妻のほぼ半数が関与!

2月14日はバレンタインデー。1年に1度の大イベントにソワソワする男性も多いはず。ところで夫の"バレンタインデー事情"を、妻はどのように捉えているのでしょう。今回『ゼクシィ』で1,000人の既婚女性に夫がバレンタインデーにチョコレートやその他の贈り物をもらってきたことがあるかと聞いたところ、全体の6割近くの方が「ある」と回答。その方たちに、ホワイトデーのお返し選びに関与しているかをたずねたところ5割を超える妻が「はい」と回答し、バレンタインデーに贈り物を受け取った男性の家庭のほぼ半数で、妻が何らかの形でお返し選びに関わっていることがわかりました。その理由には「失礼がないようにしたい」「金額的に適切なものをお返ししたい」と夫の職場などでの"見え方"を重視した結果が上位にランクイン。実際に贈り返したモノを見てみると、人気ブランドのハンドクリームや高級店のチョコレートなどの"ちょっと良いモノ"をお返ししていることがわかりました。ホワイトデーは本来男性である夫が主役ですが、夫の世間体に配慮する妻の思いが垣間見える結果となりました。

20180202barentain.JPG

現実派でちょっぴりヤキモチ焼きな新婚妻と、動じないベテラン妻。

結婚してからの年数別に結果を比較したところ、結婚から2年以内の「新婚妻」と3年以上10年未満の「中堅妻」、そして10年以上経つ「ベテラン妻」の間でさまざまな差が見られました。まず、バレンタインデーのお返しに関与した理由については、「家計管理のため」と答えた新婚妻がベテラン妻よりも約3倍多い結果となり、家計のやりくりに奮闘する新婚妻の様子がうかがえます。また「夫婦仲がよいと思わせたい」「妻の存在感を出したい」「他の女性のためにプレゼントを選んでほしくない」など、ちょっとヤキモチ焼きな様子が伝わる項目は新婚妻と中堅妻がスコアが高く、中でもベテラン妻は3項目中2項目で0%という結果に!さらに「バレンタインに夫がもらってきて嫌なモノ」について比較してみると、新婚妻では「身に着けるもの」や「手作り」が上位にランクイン。しかしベテラン妻は「あてはまるものはない」が1位という結果になりました。夫婦の愛の形は、時間を重ねることで相手に対しての無関心さが生まれてしまう場合もあるものの、ちょっとやそっとでは動じない「絆」に変わっていくのかもしれませんね。

本件に関するお問い合わせ先

https://www.recruit.co.jp/support/form/

\この記事をシェア/

\働く仲間を募集中/