2018

Aug

21

カテゴリ

話題のCMの続編が完成 11代目CMガール・井桁弘恵も「演じながら胸キュン」100回以上の「スキ」で紡ぐ、結婚式への愛のストーリー 結婚情報サービス『ゼクシィ』新TV-CM 8月22日(水)よりオンエア

\この記事をシェア/

\働く仲間を募集中/

カテゴリ
2018-08-21

話題のCMの続編が完成 11代目CMガール・井桁弘恵も「演じながら胸キュン」100回以上の「スキ」で紡ぐ、結婚式への愛のストーリー 結婚情報サービス『ゼクシィ』新TV-CM 8月22日(水)よりオンエア

2018年8月21日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作する結婚情報サービス『ゼクシィ』の新TV-CMが8月22日(水)よりオンエアされますので、概要についてお知らせします。

11代目CMガール・井桁弘恵さんと新郎役の細田善彦さんが演じる、「相手への強い想い」をコンセプトにしたCMシリーズの続編が完成しました。前回のCMでは、ふたりが積み上げてきた時間をキスの回想シーンでドラマチックに描きましたが、今回積み重ねたのは「スキ」という言葉。結婚に至るまでのふたりの恋愛ストーリーを、告白シーンで紡ぎました。前回のテイストとは異なる、思わず「きゅんっ」としてしまうCMにご注目ください。

井桁弘恵が100回超の告白で紡ぐ、結婚式までのふたりの歩み

今回のCMでは「一万回のスキ」というテーマを、ゼクシィCMガールの井桁さんと新郎役の細田さんに表現してもらいました。
舞台は、とある海沿いのチャペル。井桁さんがゆっくりとバージンロードを歩くと場面が切り替わり、ふたりが出会ってから結婚するまでの回想シーンが始まります。浮かび上がるのは、海辺や電車の別れ際、部屋など、これまで積み重ねた「スキ」のシーンの数々。前回のドラマチックな「キス」とは違い、さまざまなシーンでの「スキ」という言葉で、結婚に至るふたりのストーリーを紡ぎます。10以上のシチュエーションでの撮影を通じて、井桁さんが発した「スキ」というセリフはなんと100回を超えていたそうです。
インタビューでは、相手に「スキ」と言葉で伝えることはありますか? とたずねると、井桁さんは「今回のCMにあった、別れ際のシーンにすごく共感しました。私も同じシチュエーションだったら、寂しくなって思わず気持ちを伝えたくなるんじゃないかな」と語り、細田さんは「僕は表情では伝えられないので、気持ちを言葉にしようと心がけています」と明かしてくださいました。井桁さんが「スキ」という言葉に込めた思いと、彼を想う愛らしい表情に是非ご注目ください。
20180821_①.jpg
20180821_②.jpg

オンエア情報


8月22日(水)19:00より全国でTVオンエア開始。(一部地域除く)
CMサイト(https://zexy.net/mar/honshi/cm.html)では8月21日(火)10:00より先行してTV-CMが閲覧可能です。

出演者情報

井桁 弘恵(ゼクシィ11代目CMガール)
1997年2月3日生まれ 福岡県出身
映画「ひだまりが聴こえる」出演(2017年6月)
その他多数のCM出演。

細田 善彦(新郎役)
1988年3月4日生まれ 東京都出身
NHK大河ドラマ「真田丸」出演(2016年1月~)
TBS連ドラ「逃げるは恥だが役に立つ」出演(2016年10月~)
舞台「HIGH LIFE/ハイ・ライフ」出演(2018年4月14日~)
2019年には、主演映画「武蔵ーむさしー」が公開予定。

ゼクシィCMガールとは
『ゼクシィ』のCMには、これまでに多くの女性タレントの方にご出演頂き、その後みなさん大活躍されています。そんな経緯もあり『ゼクシィ』のCMは「美少女タレントの登竜門」と呼んでいただけるようになりました。
<歴代のゼクシィCMガール>
加賀美セイラ(2001年)、加藤ローサ(2004年)、JOSI(2005年)、倉科カナ(2006年)、岩井堂聖子(旧芸名:⾼橋真唯)(2007年)、松井愛莉(2013年)、広瀬すず(2014年)、新木優子(2015年)、吉岡里帆(2016年)、佐久間由衣(2017年)※敬称略

本件に関するお問い合わせ先

https://www.recruit.co.jp/support/form/

\この記事をシェア/

\働く仲間を募集中/