2020

Dec

15

カテゴリ

カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2020
ユーザーが最も注目したのはコロナ禍でも新車販売好調な「トヨタ RAV4」
コロナ禍でクルマに求める価値が変化
オフの時間はクルマを使ったレジャーや運転そのもので楽しもうとするユーザー心理が見える結果に

\この記事をシェア/

\働く仲間を募集中/

カテゴリ
2020-12-15

カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2020
ユーザーが最も注目したのはコロナ禍でも新車販売好調な「トヨタ RAV4」
コロナ禍でクルマに求める価値が変化
オフの時間はクルマを使ったレジャーや運転そのもので楽しもうとするユーザー心理が見える結果に

2020年12月15日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:柏村 美生)が企画・制作する中古車情報メディア『カーセンサー』は、この1年で掲載されたモデルの中から、購入意欲の高さに着目し、ランキングを実施しました。その結果、ユーザーから最も注目を浴びたのは、2019年4月に3年ぶりに国内市場に復活した現行型の「トヨタ RAV4」となりましたのでお知らせします。本年は新型コロナ感染症拡大の影響で緊急事態宣言の発令や外出自粛の期間と調査期間が重なっており、ユーザーのクルマに対する価値観の変化が反映されたラインナップに。
新車とは異なり、中古車市場では需要と供給のバランスが直接的に価格に反映するのが特徴で、過去発売されたあらゆるモデルが順位付けされたランキングは必見です。

■カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2020は「トヨタ RAV4」に栄冠

国内最大級の中古車情報メディア『カーセンサー』が保有する膨大なデータを基に、2019年11月1日~2020年10月31日までの中古車市場でユーザーから最も注目されたモデルを発表する「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー」。
第7回目となる今回は、2019年4月にフルモデルチェンジした「トヨタ RAV4」がイヤーカーの栄冠に輝きました。世界初となる新4WDシステムが搭載され、オンロード&オフロード両方の走行性能が格段に向上したミディアムサイズのSUVです。

■クロカン/SUV、クーペで埋め尽くされた圧巻のランキング。
コロナ禍でユーザーがクルマに求める優先順位が変化。

202012151130_01.JPG
202012151130_02.JPG

ボディタイプ別に見ると、半数以上がクロカン/SUV、クーペという結果に。ミニバン、ハッチバッグが上位不在のランキングは3年ぶりです。同時に、ランクインしたモデルの半数以上が昨年10位以下から大きく順位を上げた結果は「この1年の社会情勢がクルマへの関心、選び方に影響を与えた結果」(カーセンサー編集長)と言えます。
この大きな順位変動は、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛や密を避けた移動の需要を背景に、生活スタイルが変化したことが影響しています。「密を避けつつ自由に移動したい」「大人数ではなく最小限の人数で」など、安心・安全へのニーズのほか、「クルマを活用してオフの時間を楽しみたい」「運転すること自体を楽しみたい」など、クルマに情緒さを求めるといった変化も引き起こしたと考えます。

【本件に関するお問い合わせ先】

https://www.recruit.co.jp/support/form/

\この記事をシェア/

\働く仲間を募集中/