2015年のトレンド予測を発表

2014年12月17日
株式会社リクルート住まいカンパニー

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)は、住まい、飲食、出産・育児、美容、社会人学習、進学、独立・開業、アルバイト・パートの8領域における2015年のトレンド予測とトレンドを表すキーワードを発表いたしました。

●住まい領域:「リノベパーティ」

〈みんなで楽しく部屋を作り上げる新しいスタイルの登場!〉

 

 2014年の調査によれば、「リノベーション」という言葉の認知度は96%超にまでなっている。また、Googleトレンドの検索ボリュームでは、「新築マンション」と「リノベーション」は、今や拮抗状態になっている。2000年代後半から大きく盛り上がりを見せたリノベーションだが、これまでは雑誌やネットを通じた「プロ仕上げ」の「かっこいいデザイン」でムーブメントを牽引してきた。今、そこに新しい潮流が生まれつつある。

 でき工事は「自分たち」で行い、多少の失敗はご愛嬌で、「作るプロセス」を重視し友達・家族(パーティ)と「パーティ感覚」で楽しむというスタイルである。パーティ(仲間)の募集は「フェイスブック」を使用し、「作るプロセス」 も「フェイスブック」で共有・拡散する。

 セルフリノベーション(DIY)を練習できるショップやかわいいパーツも揃う専門ショップも登場し、DIYリノベ物件の見学とDIYワークショップをセットにしたイベントも開催されている。

 2014年3月、借り主が修繕・模様替えを行い、退去時に原状回復不要という借主負担DIY型賃貸借契約が国土交通省から発表され、半数の人が利用意向ありという調査結果も出ている。

 2015年は愛着ある空間を仲間とともに作り上げる「リノベパーティ」が賃貸市場とリノベーション市場を楽しく進化させていく。




リクルートグループ各領域のトレンドキーワード他、プレスリリース詳細はこちらをご覧ください。(リクルートホールディングスウェブサイトへ)

取材・掲載依頼に関するお問い合わせ

お問い合わせ 新しいウィンドウで開く

お急ぎの方は下記までお問い合わせください

経営管理室  カンパニー・コミュニケーション グループ
Get Adobe Acrobat Reader

pdf書類をご覧になる場合は、Adobe Acrobat Reader 新しいウィンドウで開くが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。