Menu

コレカラ会議 #より良い未来につなげる兆し #みんなで考える #日本の未来

「トレンド予測」は変わります。
―『コレカラ会議』へ
新しい目的、新しい情報発信、新しいカタチに。

リクルートグループで10年前に始めた「トレンド予測発表会」は、これまで企業・ユーザーの動向から見える社会変化をとらえ、流行や消費トレンドなど良い兆しを予測し発信してきました。業界の活性化や社会課題の解決に役立つ未来予測として、「ソー活」「寮内留学」「デュアラー」「ポータグルメ」など、すで80件を超える“良い兆し”を毎年発信し続けています。リクルートグループが提供する様々な領域サービスを横断で俯瞰し、企業とユーザーの動向変化に加え、社会・経済、文化・価値観も含めた人のあらゆる営みの変化が織りなす“変化の兆し”を紐解きながら“近いの未来”を読み解いてきました。
しかし今は、“世界中がコロナの真っ只中”にいます。人も企業も国も、すべての人々が起こる現実と変わる未来、どう変われば良いかを考え、全方位で、しかも猛スピードで変革しはじめています。
私たちのトレンド予測は、今までの「社会における良い兆し」の発信から、一段進化して「日本の未来を“良い未来につなげる兆し”」の発信へシフトします。大胆に変化する身近な今を「観る」「知る」「考える」「予測する」を積み重ねることはもちろんのこと、発信の仕方も、タイミングも、どんどん変えて行きます。流れに身を任せる未来を待つよりも、“変化の兆し”をつかみながら適応していく未来により貢献したい。より良い未来づくりにつなげる『コレカラ会議』にご期待ください。

2020年10月『コレカラ会議』運営事務局

ONLINE セミナー

  • 教師・上司の役割は「共師・共司」へ

    教師・上司の役割は「共師・共司」へ

    学校と職場では、オンライン化の進展によって変化が起きていましたが、コロナ禍でその動きが加速をしています。特に、教師や上司の方々に求められる役割は大きく変化をしており、生徒や同僚との関係性構築・マネジメントにあたっては、新...

    詳細はこちら

  • フィットマッチング

    フィットマッチング

    リアルの場でお互いが構えて「一発勝負」だった重要意思決定。特に、これまでなかなかオンライン化が進みにくかった「婚活」「人材」「進学」領域ですが、このコロナ禍においてオンラインへのシフトが加速している事例があります。そこで...

    詳細はこちら

  • テーマ:Afterコロナの

    テーマ:Afterコロナの"働く"と"住む"の関係性

    こちらのオンラインセミナーの詳細は近日発表いたします。

    詳細はこちら

  • テーマ:Afterコロナの‟余暇

    テーマ:Afterコロナの‟余暇"の変化

    こちらのオンラインセミナーの詳細は近日発表いたします。

    詳細はこちら

  • 詳細は近日発表いたします

    こちらのオンラインセミナーの詳細は近日発表いたします。

    詳細はこちら

  • 詳細は近日発表いたします

    こちらのオンラインセミナーの詳細は近日発表いたします。

    詳細はこちら

スピーカー一覧

  • 人材育成・組織開発

    リクルートマネジメントソリューションズ古野 庸一

  • 教育・学び

    リクルートマーケティングパートナーズ小宮山 利恵子

  • 派遣

    リクルートスタッフィング平田 朗子

  • 婚活

    リクルートマーケティングパートナーズ桜井 まり恵

  • 仕事

    リクルートキャリア藤井 薫

  • 進学

    リクルートマーケティングパートナーズ小林 浩

  • 住まい

    リクルート住まいカンパニー池本 洋一

  • 旅行

    リクルートライフスタイル沢登 次彦

  • 自動車

    リクルートマーケティングパートナーズ西村 泰宏

人材育成・組織開発

リクルートマネジメントソリューションズ
組織行動研究所 所長
古野 庸一

Youichi Furuno

東京大学工学部卒業後、1987年株式会社リクルートに入社。南カリフォルニア大学でMBA取得。キャリア開発に関する事業開発、NPOキャリアカウンセリング協会設立に参画する一方で、リクルートワークス研究所にてリーダーシップ開発、キャリア開発研究に従事。 2009年より現職。週末にはスペシャルオリンピックスの活動に従事。著書に『「働く」ことついての本当に大切なこと』(白桃書房)、「『いい会社』とは何か」(講談社現代新書)、「日本型リーダーの研究」(日経ビジネス人文庫)など。

教育・学び

リクルートマーケティングパートナーズ
スタディサプリ教育AI研究所 所長
小宮山 利恵子

Rieko Komiyama

東京学芸大学大学院教育学研究科准教授。1977年東京都生まれ。早稲田大学大学院修了後、ベネッセ等を経て2015年12月より現職。2020年度より東京工業大学アドバイザー、iU客員教授を兼務。「教育におけるICT利活用促進をめざす議員連盟」有識者アドバイザー。経団連EdTech戦略検討会座長等。留学経験は韓国、チュニジア、米国。 近著に『レア力で生きる 「競争のない世界」を楽しむための学びの習慣』(KADOKAWA、2019年)。

派遣

リクルートスタッフィング
スマートワーク推進室 室長
平田 朗子

Saeko Hirata

1985年リクルート入社。2004年リクルートスタッフィングに転籍し、首都圏における人材派遣の営業マネジャー、営業部長などを歴任。その後、事務未経験を対象にした無期雇用派遣「キャリアウィンク」事業責任者、多様な働き方を推進している「エンゲージメント推進部」部長を経て、従業員の働きやすさと働きがい向上を目指し、テレワーク促進等を手掛ける、スマートワーク推進室の室長に着任。

婚活

リクルートマーケティングパートナーズ
ゼクシィ縁結び 恋愛・婚活アドバイザー
桜井 まり恵

Marie Sakurai

1999年(株)リクルート入社。ゼクシィ事業部配属「ゼクシィ」の運営する婚活総合サービス「ゼクシィ恋結び」「ゼクシィ縁結び」のサービス企画を担当。恋愛・婚活の悩みに答える、恋愛・婚活アドバイザーとしても活動中。

仕事

リクルートキャリア
HR統括編集長
藤井 薫

Kaoru Fujii

1988年、リクルートに入社。以来、人と組織、テクノロジーと事業、今と未来の編集に従事。『B-ing』、『TECH B-ing』、『Digital B-ing(現リクナビNEXT)』、『Works』、『Tech総研』の編集、商品企画を担当。TECH B-ing編集長、Tech総研編集長、アントレ編集長・ゼネラルマネジヤーを歴任。2008年より、リクルート経営コンピタンス研究所を兼任。2014年より、リクルートグループ広報、リクルートワークス研究所を兼任。2016年、リクナビNEXT編集長に就任(現職)、2019年にはHR統括編集長を兼任(現職)。デジタルハリウッド大学、千葉大学非常勤講師、情報経営イノベーション専門職大学客員教授。著書に「働く喜び 未来のかたち」(言視舎)がある。

進学

リクルートマーケティングパートナーズ
リクルート進学総研 所長・
リクルート「カレッジマネジメント」編集長
小林 浩

Hiroshi Kobayashi

株式会社リクルート入社後、グループ統括業務、大学・専門学校の学生募集広報などを担当。経済同友会に出向し、教育政策提言の策定にかかわる。その後、経営企画室、コーポレートコミュニケーション室、会長秘書、進学カンパニー・ソリューション推進室長などを経て2007年より現職。文部科学省高大接続システム改革会議委員(2015年~2016)、文部科学省中央教育審議会初等中等教育分科会専門委員(2016年~2017年)等を歴任。現在、文部科学省中央教育審議会大学分科会質保証システム部会(2020~)、大学基準協会大学評価委員会委員、日本高等教育評価機構大学評価判定委員会委員。

住まい

リクルート住まいカンパニー
SUUMO編集長 兼 SUUMOリサーチセンター長
池本 洋一

Youichi Ikemoto

1995年にリクルートに入社。以降、広告営業、ブランド戦略、事業開発、新規媒体発行などを経験後、2011年よりSUUMO編集長(現職)。住まいの専門家としてテレビ・新聞・雑誌などのメディア出演、講演、執筆を行う。また、不動産情報サイト事業者連絡協議会 監事、国土交通省の既存住宅市場活性化ラウンドテーブル委員、働き方改革に伴う不動産の在り方検討会委員、ほか経済産業省、環境省、内閣官房などで各種の委員を歴任している。

旅行

リクルートライフスタイル
じゃらんリサーチセンター長・
とーりまかし編集長
沢登 次彦

Tsuguhiko Sawanobori

1993年入社。教育機関広報事業部を経て2002年10月に旅行事業(現(株)リクルートライフスタイル)へ。関東近郊観光地のエリアプロデューサーとして地域活性に携わる。2007年4月より現職。観光庁を始め中央省庁や地方自治体の各種審議会委員を務める。

自動車

リクルートマーケティングパートナーズ
リクルート自動車総研所長・
カーセンサー編集長
西村 泰宏

Yasuhiro Nishimura

2005年新卒でリクルートに入社。2015年、自動車事業本部 編集グループに異動。 『カーセンサー』本誌の編集とリニューアルプロジェクトの推進を行う。 ネットコンテンツなども含め、全体のデスク業務を担当。2017年4月よりカーセンサー編集長、2018年4月よりリクルート自動車総研所長に就任。