Menu

リクルートワークス研究所、日本の働き方の変化を統計データをもとに分析 「定点観測 日本の働き方」を2月25日より公開

2019年02月25日
株式会社リクルート
その他

株式会社リクルートホールディングスの中間持ち株会社である株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:北村吉弘)内の、人と組織に関する研究機関・リクルートワークス研究所は、日本人の働き方に関する統計データを用いながら、働き方の全体像を明らかにするページ「定点観測 日本の働き方」を本日2月25日(月)より、リクルートワークス研究所のサイト内に開設したことをお知らせいたします。

「定点観測 日本の働き方」ページ:http://www.works-i.com/surveys/teiten.html

「定点観測 日本の働き方」概要

今年4月から働き方改革関連法が施行となり、日本の働き方は変革の時を迎えています。そのようななか、日本の働き方が今どのような状況にあるのか、また政府や企業が今後どうすればよいのか、その全体像は必ずしも明らかになっていません。そこでリクルートワークス研究所では、政府発表の公的統計と約5万人の働き方の変化を調査する「全国就業実態パネル調査(JPSED)」を用い、時系列で数値の変化を追い、日本の働き方の全体像を明らかにする「定点観測 日本の働き方」を本日より公開しました。第1弾は「長時間労働」「有給休暇」「人手不足下の業務負荷」の3つの項目について、現状を解説し、政府や企業がどうすればよいのか提言を行っています。本日から順次、記事を公開してまいります。

「定点観測 日本の働き方」公開予定の記事一覧

「定点観測 日本の働き方」公開予定の記事一覧