Menu

シェアする

保存する

【JOBS STORY】 高校生アルバイトの 新たな選択肢となる 「ケアサポーター」

Recruit , 人材活用 , 人材育成 , 日本 , 社会貢献

本記事はリクルートジョブズ コーポレートサイトからの転載記事 になります。

高校生という若年層にこそ介護の現場で「働く」体験を

高齢者向けデイサービスを提供する「ツクイ尼崎塚口」で、ケアサポーターのアルバイトをするのは高校一年生(2018年3月現在)の植田くん。「応募する前に思っていた介護の仕事とは違って、身の回りの世話をしたり、お茶やおやつの準備をしたり、高校生の僕でもできる仕事でした」

植田くんは、株式会社ツクイが2017年9月にスタートした「介護のミライ〜高校生バイトプロジェクト」によってはじめて採用された高校生。介護職は資格が必要となるため、現場で働くのは介護福祉系の学校を卒業した人や、資格取得を目指している人が多い。なぜ高校生をアルバイトとして採用しようと決めたのか?

「高齢化により介護ニーズは高まっています。しかし仕事のイメージがあまりよくなく、また仕事内容も正しく理解されていないことから、介護業界は、今後さらなる人材不足が懸念されています」とツクイ兵庫圏本部長の中野氏は語る。「資格がなくてもできる業務を切り分け、現場にアルバイトを受け入れることで、人材不足を解消できます。高校生の募集にこだわったのは、貴重な就業体験として、若い方に介護の仕事を知っていただくことで、将来職業を選ぶときに選択肢のひとつにしてもらいたいという想いからです」

続きを読む

この記事に興味を持つ方は、他にもこんな記事を読んでいます

最新記事