リクルート『サンカク』と中川政七商店の共同企画 地方や工芸に副業で貢献したい方と企業をマッチングする 【ふるさと副業「日本の工芸を元気にするデジタルブランディング」】 2021年9月4日(土)イベント開催決定

株式会社リクルート

logo_sankaku

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘、以下リクルート)の会社を超えて成長企業に参画できるサービス『サンカク』は、日本の工芸を人材面からサポートしたいという思いから、1716年創業の奈良の老舗・株式会社 中川政七商店(所在地:奈良県奈良市、代表取締役社長:十四代 千石 あや)と協業し、2021年9月4日(土)に地方や工芸に副業で貢献したい人と企業をマッチングするイベント【ふるさと副業「日本の工芸を元気にするデジタルブランディング」】をオンラインにて開催させていただくこととなりました。

日本の工芸品の産地出荷額は、ピーク時の1/6にまで減少し危機にひんしています。今回の【ふるさと副業「日本の工芸を元気にするデジタルブランディング」】では、「日本の工芸を元気にする!」というビジョンの下、工芸大国日本に向け真摯(しんし)に取り組む主催の中川政七商店に加え、同社のパートナー企業であるものづくりブランド5社「漆琳堂(福井県)」、「かもしか道具店(三重県)」、「TO&FRO(石川県)」、「虎仙窯(佐賀県)」、「THE(東京都)」の参加が決定しました。

※中川政七商店は1716年に麻織物の卸問屋として創業し、現在では工芸をベースにした生活雑貨の製造・小売り、経営コンサルティング、流通支援など「工芸」を次の時代に引き継いでいく事業を展開しています。

6社は「デジタル手法を活用した工芸のブランディング・販売強化」を目指しつつも、取り組み状況や課題感はさまざまです。今回は『サンカク』を通じ、デジタルマーケティングの知見をお持ちの方を中心に「デジタル手法を活用した工芸のブランディング・販売強化」を担っていただける副業・兼業希望の方を募集いたします。

なお、イベントでは、参加者にオンライン購買を実体験し、改善提案の仮説を立ててからご参加いただきます。当日は各社のブランドマネージャーを中心にそれぞれの課題に対して仮説を検証、最終提案を行っていただく予定です。イベント後、副業や兼業で参画いただきたい方には、各企業より業務内容など相談させていただきます。デジタルを通じ、日本の工芸を元気にする本プロジェクトへの“サンカク”をお待ちしております。

『サンカク』登録ユーザー数累計5.9万人、サービス利用企業延べ約370社。「社会人インターンシップ」と「ふるさと副業」での経験・知見を最大限に活用

『サンカク』には、「社会人インターンシップ」と、「ふるさと副業」という二つのプロジェクトで培った知見やノウハウがあります。それらを最大限に生かし本取り組みの実現に向け支援を致します。

まず「社会人インターンシップ」は、大手企業からベンチャー企業まで規模や業種にかかわらずさまざまな企業が事業課題に関するテーマを掲げ、それらに興味を持ったユーザーがディスカッションを重ねてアイデアや解決策を提示していくサービスです。キャリアアップを目指すディスカッション参加者は、参加後に企業から副業や転職のオファーが届く可能性もあります。2021年5月時点で、登録ユーザー数は累計5.9万人、社会人インターンシップのサービスをご利用いただいた企業は延べ約370社になります。

続いて、「ふるさと副業」とは、地域の地場を支える企業と首都圏を中心に働く社会人の副業人材をマッチングしたイベントで、第1回目を2018年に福岡県の企業を対象に開催致しました。2021年8月には石川県との開催も予定しています。

[兼業・副業実施中+実施意向あり]の8割近くが「ふるさと副業」に興味があると回答

昨今、都市圏で働く人が地方企業の副業を実施する事例が増加しています。リクルートではこのような副業の在り方を「ふるさと副業」と称し、新しい働き方として注目しています。2020年末から2021年初頭にかけて行った「兼業・副業に関する動向調査2020」では「ふるさと副業」を「回答者⾃⾝の住まいとは異なる地域での兼業・副業(テレワークを利⽤して現地に赴かない働き⽅も含みます)」 と捉えて、興味を確認したところ、[兼業・副業実施中+実施意向あり]の 76.6%が、「ふるさと副業」に興味があると回答しました。また、[兼業・ 副業実施意向なし]の 34.4%は興味があるという結果でした。兼業・副業の実施意向がない⼈であっても、⼀定数はテレワークなどを活⽤した地⽅企業での兼業・副業に関⼼がある様⼦がうかがえます。

出典:「兼業・副業に関する動向調査2020」

20210721_hr_07

20210721_hr_08

【ふるさと副業「日本の工芸を元気にするデジタルブランディング」】に関する概要

中川政七商店、リクルートより本企画に関してのコメント

中川政七商店:

「日本の工芸を元気にする!」をビジョンに掲げ、全国800社のつくり手とともにものづくりをし、約60店舗の直営店でのブランディングを中心にお客さまへ商品を届けてまいりました。近年はデジタル化にも積極的に取り組んでおりますが、“工芸大国日本”と呼ばれる未来に向けて奮励すべきことがまだまだたくさんあります。今回の企画を通じ、参加者の皆さまの知見が工芸業界に加わることは、未来への大切な一歩になると考えています。100年先も工芸が人々の暮らしとともにあるように、ぜひご一緒にお取り組みできたら幸いです。

リクルート Division統括本部 HR本部 HRエージェントDivision
ビジネスグロース部 『サンカク』グループ責任者 古賀 敏幹(こが としき):

リクルートでは、会社の枠を超えて社外活動に参加できるサービス『サンカク』を展開し、経験が豊富・向上心を持ったビジネスパーソンとさまざまな企業を、「企業の事業課題に対してのディスカッション」を通じてマッチングしてきました。今回は、日本の伝統工芸を人材面からサポートしたいという思いから伝統工芸を担う企業が抱える課題や事業成長に向けたテーマに対して、働く個人が社外活動を通じて自己成⾧できる機会、および伝統工芸を担う企業さまにとって事業成長の機会を中川政七商店さまと共に創り出していきたいと思います。
kogatoshiki

リクルート Division統括本部 HR本部 HRエージェントDivision
関西営業グループ 樋口 直哉(ひぐち なおや):

企業さまの採用活動パートナーとして関西を中心に広く携わってきました。「日本の工芸を元気にする!」という壮大なビジョンの実現に向け、真摯に、また常に新しい挑戦をされている中川政七商店さまに強く共感し、なんとしてもその一助になりたいという思いから『サンカク』をご紹介させていただきました。また、副業・兼業を希望される参加者の皆さまには、当日のディスカッションを通じてご自身の業界を超えた新たな出会いの機会を提供していきたいと思います。
hr_higuchinaoya

参考資料

この記事をシェアする

シェアする

この記事のURLとタイトルをコピーする

コピーする

プレスリリーストップへ戻る