東京大学名誉教授 上野千鶴子さんと考える、「ジェンダー平等の実現に向けた、私たち一人ひとりのアクション」

リクルートでは、3月8日の国際女性デーにあわせて、東京大学名誉教授 上野千鶴子さんと国内リクルートグループのDEI(ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン)をリードする役員 柏村美生によるスペシャル対談を実施。日本の女性を取り巻く状況や男女格差の現状について理解を深めるとともに、「リクルートは、本当に女性にとって“働きがい”のある会社なのか」「ジェンダー平等を実現するために、私たち一人ひとりは何をなすべきか」といったテーマに対してディスカッションを行いました。

イベントは2部構成で実施。第1部では上野さんによる『企業社会とジェンダー』と題した基調講演が行われました。講演の中で上野さんは、日本の大きな問題として非正規雇用者の7割が女性であることに触れ、「リクルートは正社員の従業員の男女比はほぼ半数。先進的で挑戦的な会社に見えるが、非正規雇用社員に関しては70%超が女性。管理職は依然として男性が多く、他社と比較してもごく普通の会社」とリクルートの企業イメージと現状のギャップを指摘しました。

その後、第2部では柏村も加わりトークセッションへ。柏村は、リクルートグループがめざす「2030年までに、取締役会構成員・上級管理職・管理職・従業員それぞれにおける女性比率を50%にする」ジェンダー平等の目標に触れながら「DEIの実現は、リクルートが創業以来大切にしている価値観「個の尊重」を体現することそのものだ」と強調。上野さんは「はっきり言って同質性の高い集団はラク」「同業者とばかり付き合わないで異業種の人とも付き合ってほしい。そして自分が集団の中でのマジョリティではなくてマイノリティになる経験をしてほしい」とアドバイスしていました。

その他、様々なテーマで率直に語り合った当日の様子は、以下のサイトに詳しく掲載していますので、ぜひご覧ください。