シリーズZ世代の視点(6)

1990年代中盤以降に生まれた、新たな価値観を持つ新世代「Z世代」。幼少期からインターネットが身近に存在し、思春期にはスマートフォンもSNSも当たり前に存在する―。こうした環境は、個人が触れられる情報量や人々の関係性、物事の捉え方を大きく変化させてたといわれている。これからの社会の中核を担っていくこの世代独自の価値観を、多様な方面から紐解いていく。