Menu

女性ならではのキャリアの築き方を学ぶ、「Career Cafe 28」ワークショップを開催しました

‘14.10.09 Thu

リクルートグループでは、今後ライフイベントの節目を迎えていく28歳のタイミングで、自らの強みや今後のキャリアを考えるきっかけとなることを目的とし、ワークショップ及び個別面談を行う「Career Cafe 28」を2011年より実施しています。

3回目となるワークショップは外部講師をお招きし、女性ならではのキャリア開発法を学ぶコンテンツを追加

2014年度はワークショップを7月18日に実施し、約90名の女性社員が参加しました。これまでは、両立不安の払拭がメインコンテンツでしたが、今年は外部講師をお招きし、キャリアデザインの基礎を学ぶコンテンツを追加し、二部構成としました。

第一部は(株)プロノバ代表の岡島悦子様に「自分らしく活躍し続けるためのキャリア開発法~前倒しのキャリアのススメ~」と題し、どうしても出産・育児期間がブランクとなりやすい女性のために、キャリアを前倒しで積み上げることの大切さや、マーケットから求められるキャリアの作り方をお話いただきました。後半は自分の強みを"タグ"付けするように増やしていくキャリア開発の手法を伝授いただき、ペア・個人ワークを通じて新たな強みを発見したり、今の職場で"タグ"を増やすためにチャレンジできることを具体的に考えてもらいました。

第二部では、(株)ワークライフバランス社代表の小室淑恵様に、「あなたが輝く働き方~秘訣はワークライフバランス~」と題し、"ワーク"と"ライフ"が相乗効果を生むために、生産性の高め方や両立の心構えについてお話いただきました。後半はリクルートグループの先輩ワーキングマザー14名が参加し、グループに分かれてQ&Aセッションを実施。小室様の講演を受けて、先輩社員の生産性向上の取り組みや、ワークライフバランスシナジーを生み出すための心構えについて具体的なアドバイスを共有してもらいました。

参加者からは、「講演、ワーク、先輩社員と話せる機会、と盛りだくさんの内容で、どれも充実した時間が過ごせました。普段なかなか会えない同年代の方と交流を持つ機会となり、刺激となりました。モチベーションがあがりました!」「一分一秒もおしいほど、非常に刺激的で学びの多いイベントでした。まさに目からうろこの連続でした。何よりも今までマネジャーになりたくないと思っていましたが、目指したいと思っている自分の変化や、漠然とした不安としっかり向き合い、自分を肯定できる、そんな学びのあったイベントでした。」等々、前向きなコメントがたくさん寄せられています!

ワークショップ終了後は、リクルートグループの女性管理職約20名がメンターとなり、90分間の個別面談を実施予定

イベント終了後は、他グループ会社所属の女性社員と一対一の個別面談の機会を用意しています。ワークショップで今後のキャリアや自分自身の強みが少し見えてきたら、具体的なアクションプランについて、相談する場となっています。仕事上で接点のないナナメの関係かつ同性の先輩だからこそ、プライベートの内容を含め、相談できることも多いはず。これからも、女性社員が自分らしくイキイキと働ける社内支援を行っていきます!

全体スケジュール

リクルートグループのダイバーシティ推進について

リクルートは、2006年から女性社員の活躍推進を目的として、ダイバーシティに取り組んできました。
その取り組みは長時間労働の改善にはじまり、2007年からは事業場内保育所の設置等"両立支援"をテーマとし、安定的に働ける環境整備を進めてまいりました。2010年からは"両立支援"に加え、管理職等、経営の意思決定層に女性を任用する"活躍支援"を重点テーマとして活動しております。
2012年10月、ガバナンス体制の変更後は、それまでリクルートが取り組んできた各種施策を、リクルートホールディングスを中心とするリクルートグループ国内主要企業(※)を対象に広げ、グループとしてダイバーシティ推進を推進する体制構築に努めております。

人材基盤、リクルートホールディングス

あわせてご覧ください