「緑のカーテン」を広げよう! 2021年は4万6,000袋のアサガオやゴーヤーの種を無料配布

株式会社リクルートでは、2011年よりサステナビリティ活動の一環として、全国に緑のカーテンを広げる活動を行っています。

緑のカーテンとは、アサガオやゴーヤーなどのツル性植物によって室内に入る夏の日差しを遮る“自然のカーテン”のこと。室内温度を低下させると同時に、見た目にも涼しげで、冷房の消費電力を抑制する効果が期待できます。また、花や野菜を「緑のカーテン」とすることで、開花や収穫なども楽しめることから、多くの家庭や学校等で導入されています。

株式会社リクルートが運営する『SUUMO』では、「緑のカーテンをみんなで広げようキャンペーン」を展開しており、「緑のカーテン」になるアサガオやゴーヤーの育て方や、エコにまつわるクイズ、『SUUMO』の壁紙やスクリーンセーバーなどオリジナルツールのプレゼントなど、豊富なコンテンツをご用意。さらにアサガオまたはゴーヤーの種の無料配布も行っており、2021年はWEBからの応募者への配布に加えて、『スーモカウンター』やお取引のある不動産会社さま、書店、大阪府・北名古屋市をはじめとする自治体を通じて4万6,000袋の種を無料配布しました。

また、2013年からは、「NPO法人緑のカーテン応援団」と連携し、弊社社員有志によって地震や豪雨などの災害被災地の仮設住宅に緑のカーテンを設置するボランティア活動も実施しています。※2021年はコロナ影響により実施しておりません。