女性の活躍

職業・専業主婦。子どもとの日々が愛おしくて

育児

2020年12月21日 転載元:らしさオンライン

職業・専業主婦。子どもとの日々が愛おしくて

「いま私は、"専業主婦"という仕事に就いているのだと思っています」。落ち着いた口調で、けれど軽やかにそう語るのは、鈴木香代子さん(35)。1歳2ヶ月になる男の子のママだ。これまで販売、事務、靴のデザインなど幅広い職種を経験し、結果を残してきた鈴木さん。決して予定通りに進まない「子どもとの時間」の中でも、自分らしく上手にモチベーションを保つコツを心得ている。

誰かが見ていなくても、自分が納得できる仕事を

「自分で自分を見た時に、キラキラと輝いていたい」――鈴木さんが社会に出てから、一貫して大事にしてきた仕事と向き合うスタンスだ。

専門学校を卒業し、栄養士の資格を活かして入社したのは、サプリメントを扱うベンチャー企業。百貨店内のショップで接客業務に携わり、スーパーバイザーまで任された。

「ここで仕事の基本をたたき込まれました。"サービス業のバイブル"と呼ばれるような本も必死で読み、学んだのは『誰も見ていなくても自分が納得できる仕事をする』『どんな小さな課題でも向上心をもって取り組む』という姿勢。これが私の生き方の軸にもなりました」

13年余りのキャリアのなか、持ち前のセンスと熱心な仕事ぶりが認められ、思いがけないチャンスを手にしたこともある。アルバイトで採用された靴の販売会社で、鈴木さんが手掛けた店舗のディスプレイが本部の目に留まり、正社員としてデザインチームへ抜擢されたのだ。

ピックアップ特集