女性の活躍

「筋トレ」に夢中。コロナ禍でも、持ち前のポジティブ思考に磨きをかけ

育児マネジメント

2021年01月22日 転載元:らしさオンライン

「筋トレ」に夢中。コロナ禍でも、持ち前のポジティブ思考に磨きをかけ

茨城県水戸市で期間業務職員として行政の助成金対応にあたる野上由理さん(45)は、プライベートタイムのほとんどを趣味の筋トレに注ぎ込んでいる。リモート取材の画面に映るやわらかな笑顔と対照的に、その口から飛び出したのはスポ根ドラマさながらの熱い言葉。コロナ禍の試練も、持ち前のポジティブ精神で乗り越えてきた野上さん。周りを自然に元気にするパワーの源を探った。

椎間板ヘルニアがきっかけで始めた筋トレ

野上さんがジムに通い始めて1年半ほどたった。休日はもちろん、勤務のある平日も含め、多い時で週5日。行けばたっぷり2時間は汗を流すという。

「翌朝の食事やお弁当の下ごしらえを済ませて出かけるから、ジムに着くのは夜9時とか10時とか。夜遅く食べすぎちゃったときや夜中に眠れなくなったときに、ふらっと行くこともあります。24時間営業のジムなので融通がきくんです」

自分が20kgのバーベルを持ち上げるなんて以前ではとても考えられなかったが、いまではそれも物足りないほどに。

「続けていると、バーベルがなんだか軽いと感じる瞬間があるんです。筋肉は裏切らない(笑)。あ、こんなに筋肉がついたんだって達成感がたまりません」と、いかにも楽しそうだ。

筋トレを始めたのは、健康のため。椎間板ヘルニアを患ったことがきっかけだった。

ピックアップ特集