多様な働き方

無駄をなくして生産性UP!「仕事の効率化」が進む8つの方法

2022年03月02日 転載元:リクナビNEXTジャーナル

無駄をなくして生産性UP!「仕事の効率化」が進む8つの方法

会社から仕事を効率化して残業を減らせと言われているけれど、業務量は多いまま。どう効率化すればいいかわからない…と悩む人は少なくありません。どのように日々の業務を見直し、効率化すればいいのか、著書『無駄な仕事が全部消える超効率ハック』が話題の羽田康祐さんに、無駄な仕事をなくす効率化のポイントを伺いました。

目次
  • ・今、仕事の効率化に着手すべき理由
  • ・仕事を劇的に効率化する8つの視点
  • ・効率化で無駄をなくせば、面倒くさい作業も減らせる

今、仕事の効率化に着手すべき理由

世の中にはさまざまな情報が溢れていて、インプットの量が膨大になっています。仕事では、インプットをもとに自分なりの付加価値を出す必要がありますが、一方で国も会社も「労働時間は減らせ」という流れにあります。

インプットは増えているのに、それを付加価値に変える時間を効率化しなければならない。しかし成果は求められる…。この矛盾した環境の中で悩み、心身のバランスを崩す人が増えているのが現状。仕事を効率化し、生産性を上げることで、仕事の「質」と「量」のバランスを取ることが急務になっていると感じます。

ビジネスパーソンに今求められているのは、やみくもに努力することではなく、「努力をしないで済む工夫」をすること。日々の業務を見直して自分なりに工夫を凝らし、自分らしくメリハリを持って働ける状態を作り出すことが大切です。

ピックアップ特集