多様な働き方

在宅勤務の新人は、「知的謙虚さ」が高い~コロナ禍の新人はどのように学んでいるのかVol.2

キャリア職場マネジメントテレワーク

2022年05月19日 リクルート ワークス研究所

在宅勤務の新人は、「知的謙虚さ」が高い~コロナ禍の新人はどのように学んでいるのかVol.2

在宅勤務の新人は、「他者との協働」をどのように進めているのか

第1回のコラムでは、コロナ下で入社した新人の上司との1on1における、コミュニケーション機会は、他年度入社者と大きな違いがなかったことを示した。そして、個人差はあるものの在宅勤務経験者であるほうが、上司との間で業務内容についてのやりとりがより行われていたことが明らかになった。このことから、オンライン環境においても上司への仕事の報告とフィードバック機会によって育成機会が得られていたことがうかがえる。

第2回の今回は、彼らの学習プロセスを取り上げる。テレワーク中心の働き方になった時に難しいのは、建設的な意見のやりとりを通じた創発の機会や、多様な他者とのコラボレーションを伴うようなチームでの仕事の進め方だ。今回のコラムでは、こうした「他者との協働」の視点から新人の初年度の学習プロセスを明らかにしていこう。

ピックアップ特集