生徒の主体的な取り組みと先生による対話的指導の実現をサポートするために『スタディサプリ 探究講座』を提供

学習指導要領の改訂により、2022年度から始まる「総合的な探究の時間」。社会や環境の変化に伴い、正解のないこれからの時代を生き抜く生徒を育てるために、自ら課題を発見し、解決に取り組む学びを通じて必要となる資質・能力を育んでいくことを目標としています。 

2021年度までの先行実施期間において、多くの高校が取り組みを開始し、試行錯誤を行っています。その中で課題として挙げられていたのが、教科書もない中で基本的にクラス担任が担当し、授業準備・授業実施・振り返りや評価などのプロセスにおいて負担が大きいという点です。 

そこで、全国の高校約2,000校(2021年4月時点)に導入いただいているオンライン学習サービス『スタディサプリ』では、2021年4月から「総合的な探究の時間」のサポートツール『スタディサプリ 探究講座』の提供を開始しました。充実した教材・動画コンテンツで「探究とは」の理解から授業準備・授業実施・振り返り・評価まで一括でサポートします。