ビジネスパーソンのインターシップサービス『サンカク』

「今の会社を辞めるほど不満はないけれど、このままでいいのだろうか?」「将来に備えて他の会社のことも知っておきたい」「自分の仕事や自分の能力を見つめ直す機会がほしい」そんな方に注目されているのが、リクルートが展開しているビジネスパーソンの社外活動を支援するサービス『サンカク』(https://sankak.jp/)です。

 

現在の仕事を継続しながら、他の企業の現場に参加でき、自分のスキルや経験を武器に「気になる企業」「気になるサービス」を体験できるという特徴があります。『サンカク』が行った調査では、参画目的は「社会貢献」「新規の経験・人脈の獲得」「キャリアチェンジの検討や準備」「収入を得る」の4つにカテゴライズされます。また、通常の転職活動では書類選考でお見送りになる方が、サンカクを通じて能力を発揮することで転職につなげることができたという事例も生まれています。

 

働き方改革と共に、キャリアの可能性を広げる「副業」の普及も進んでおり、2021年から『サンカク』では副業のマッチングサービスも本格化。特に注目が集まっているのが、首都圏を中心に働く社会人の副業人材が、事業創造に必要な知見・スキル不足に悩む地方企業に参画することで、地域を活性化していく「ふるさと副業」です。

 

2021年9月4日(土)には、「日本の工芸を元気にする!」をビジョンに掲げる株式会社中川政七商店と協業で、地方や工芸に副業で貢献したい人と企業をマッチングするイベント【ふるさと副業「日本の工芸を元気にするデジタルブランディング」】をオンラインで開催しました。今後もこうした「ふるさと副業」の取り組みを、さまざまな地方・産業へと広げていく予定です。

 

※これまでの「ふるさと副業」の事例はこちらよりご覧いただけます。

https://sankak.jp/event/furusato_fukugyo2021