Menu

多様な働き方

HSP。敏感すぎる自分と向き合いながら考えた、これからのこと

キャリア

2019年11月14日 転載元:らしさオンライン

HSP。敏感すぎる自分と向き合いながら考えた、これからのこと

生まれつき敏感で、周囲からの刺激や他人の感情を過度に受け取ってしまう人を「ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP)」という。病気ではないが、一般にはまだあまり知られていない概念で、人知れず悩みを抱えている人も少なくない。派遣スタッフとして働いてきた野村由良さん(36)もHSPの一人。繊細すぎる気質をときに持て余しながらも、自分らしい生き方を模索し、歩み始めている。

,