Menu

女性の活躍

単なる「お世話」じゃない。介護とは、「その人らしい生き方」をサポートすること

キャリア

2020年01月22日 転載元:らしさオンライン

単なる「お世話」じゃない。介護とは、「その人らしい生き方」をサポートすること

急激に高齢化が進む日本で、ますます重要度が増している「介護」。誰にとっても他人事ではない課題だが、いざ現実に直面するまで、なかなかリアルに考えにくいテーマでもある。今回は、15年近くプロとして介護に携わってきた高橋 里恵子さんの職場に訪ね、介護とはどういう仕事なのか、利用者にどう関わっているのかなどを聞いてみた。これを機に、いつ自分ごととなるかもしれない「介護」について、少しでも理解を深めていただけたら幸いだ。

20代前半で介護の道へ転身。「とにかく楽しかった」

高橋さんの職場は、埼玉県戸田市にある特別養護老人ホーム「いきいきタウンとだ」。こちらに勤務するようになって10年以上になるが、高橋さんが介護職に就いたのは、それ以前、まだ20代の前半だったという。

「もともと保育士とか看護師とか、人の助けになるような仕事に就くのが夢だった」という高橋さん。学校卒業後、しばらくは電話のオペレーターなどをしていたが、ほどなく介護職への転身を決めた。

「おばあちゃんっ子だったというのもベースにありますね。祖母はまだ元気だったのですが、それでも間近で見ているとどんどん弱っていくのがわかって、何かしてあげられることはないかなと。私が介護のスキルを身につければ、いずれ祖母のお世話ができる、と思ったのです」

「きつい」「つらい」という言葉で語られがちな介護の世界。若者が憧れるような華やかさともほとんど無縁だ。けれど、何も知らずに飛び込んだ高橋さんにとっての現場は、「とにかく、楽しかった」と、当時を振り返る。

,