Menu

多様な働き方

昔は超ハードワークのSE。今は4足のわらじで余裕をもって働く

キャリア

2020年02月19日 転載元:らしさオンライン

昔は超ハードワークのSE。今は4足のわらじで余裕をもって働く

過去にうつ病で寝込んでしまうほどハードに働いていた木村由香里さん(46)。一度は働く自信を失っていたものの、派遣から再スタートし、「自分も働ける」という気持ちを取り戻していったのだとか。いまではフリーランスの仕事を含め、4つの仕事を掛け持ち。時間や量を自分でコントロールできるので、余裕を持って働けている。

フリーランスのSEだったころ、うつ病を患う

一般企業の法人営業を経て、SEに転職し、その後フリーランスとなった木村さん。規模の大きなプロジェクトのサブリーダーとして業務を請け負っていた。ところが、公開を目前にして、ある事件が起こる。

「プロジェクトマネージャーが失踪してしまったんです。自宅を訪ねても出てこない。彼の担当分は全く手が付けられていなかったことが発覚して、もう一人のサブリーダーと分担し、残業や徹夜をして何とか乗り切りました」

ところが、事件はそれだけではなかった。失踪した人は戻ってきたが、その人はもう一度プロジェクトマネージャーとしてプロジェクトを任され、驚いたことに、同じように公開前に仕事を投げ出してしまったのだ。

「忙しい毎日のなか、いつからか体調がおかしくなり、毎日熱があり、電車にもすぐ酔ってしまうようになりました。でも、だましだまし仕事には行っていたんです。20年前だったので精神疾患などもあまり知られておらず、自分の体に何が起こっているのか分からなかった。何とかプロジェクトを成し遂げたあと、心療内科を知り行ってみたところ『うつ病』だと診断されました」

「忙しい毎日のなか、いつからか体調がおかしくなり、毎日熱があり、電車にもすぐ酔ってしまうようになりました。でも、だましだまし仕事には行っていたんです。20年前だったので精神疾患などもあまり知られておらず、自分の体に何が起こっているのか分からなかった。何とかプロジェクトを成し遂げたあと、心療内科を知り行ってみたところ『うつ病』だと診断されました」

,