Menu

女性の活躍

弁護士を目指して奮闘中!仕事での経験が、今の自分を支えてくれる

キャリア

2020年04月14日 転載元:らしさオンライン

弁護士を目指して奮闘中!仕事での経験が、今の自分を支えてくれる

弁護士を目指す池部美希さん(36)は法科大学院(ロースクール)を修了し、司法試験を受験するが、結果は5年連続で不合格だったという。一度は勉強のペースを落としたものの、2年後には再度受験を決意。現在は派遣スタッフとして働きながら、勉強を両立させている。取材ではいきいきとした姿が印象的だったが、20代は灰色の時代だったと振り返る。

ロースクールに入ったものの

「弁護士になろう」。きっかけは、池部さんが大学3年生のときに兄が事故に遭ったこと。幸い命には別状がなかったとはいえ、もっと法律を知っていれば理不尽な思いをしなくて済んだかもしれない、少しでも兄を救えたのではないか...と思うことが多かった。漠然と法学部に入学し勉強していたものの、このことがきっかけで将来の道が明確になったという。

大学卒業後はロースクールに入学。想像以上に勉強がハードだった。民法や憲法、刑法など、10科目以上の難解な教科書を読み込み、自分の頭で理解した上で論文を書く。弁護士には論理的な思考が求められるそうだが、思考法を身につけるのにかなりの訓練を要したという。

当時は朝9時から夜の9時まで授業。その後、自習室で深夜まで机に向かい、そこから帰宅する毎日。入学時に50人いた同級生は半年後には30人に減り、2年生に進級するころには20人まで減っていた。池部さんも懸命に勉強したが、1年留年して3年間通ったそうだ。

,