Menu

両立支援

体調にあわせて週3日勤務に。家族との時間や収入のバランスもとりながら

育児

2020年06月25日 転載元:らしさオンライン

体調にあわせて週3日勤務に。家族との時間や収入のバランスもとりながら

初めての就職先でプログラマとして働いていた北原千絵さん(47)。現在は週3日働きながら、副業でExcelマクロなどのツールづくりを請け負う。週の勤務日数を減らしたことで、副業や子育てのちょうどよいバランスが保てている。自分の「得意」と「楽しいこと」を掛け合わせた北原さんの働き方をうかがった。

ハードワークだったプログラマ時代。起き上がれない休日

「土日はほぼ寝ていないと、月曜日から金曜日まで働くことができなかった」と、昔を振り返る北原さん。新卒で入ったソフトウェア会社でプログラマとして活躍していたころは、身体を酷使しながらも、仕事にやりがいを感じていたのだそう。

「短大では経済を学んでいましたが、プログラマは伸びる業種だと思い、新卒でソフトウェア会社へ。最初は大変でしたが、理解するにつれ楽しくなっていきました。システムが出来上がったときの高揚感は忘れられないですね」

モノづくりの楽しさはあったが、勤務時間は夜遅くまでになり、時には朝まで会社にいることも。土日はずっと寝てばかりいて、平日をぎりぎりの体力で乗り切る。

数年たったころに、突然呼吸がうまくできなくなった。何とか自力で病院へ行くと、ぜん息の発作。以降だましだまし働いていたが、体調を崩すことが多く、数年のブランクを余儀なくされることもあったという。

育児をしながら仕事に復帰。Excel VBAで業務効率をアップさせる

9年前に子どもが生まれたあと、しばらく仕事をしないでいたものの、自宅を購入したこともあり仕事に復帰した。シンクタンクでデータ加工や資料作成を担当したが、その際にプログラマ時代のスキルが活きる。

,