Menu

多様な働き方

「自分を責める必要なし!」入社1年半での退職を経験し迷える25歳にベテランキャリアアドバイザーが伝えたこと

キャリア

2020年07月17日 転載元:リクナビNEXTジャーナル

「自分を責める必要なし!」入社1年半での退職を経験し迷える25歳にベテランキャリアアドバイザーが伝えたこと

入社1年半での退職を経験し、それを「失敗」ととらえてしまい、転職活動が思うように進められない若者が少なからずいます。
今回はその中で、今も「もともと就活に向き合う意識が甘かったのではないか...」と思い悩むTさん(25歳)を迎え、ベテランのキャリアアドバイザーによるアドバイスを伝えます。



目次
  • 入社1年半での退職は、自分の価値観を見つめなおすチャンス。自分を責めず、前に進もう
  • 【お悩み】入社前に聞いていた話とのギャップが大きく、成長できていないと感じて1年半で退社したが...
  • 業種で絞る?職種で絞る?まずは視点を切り替えてみよう
  • 「なぜ、あの人は働き続けられるのか」を知ろう
  • トーナメントゲームで自分の優先順位を探す
  • 第2のステップに向けて、面接対策より重要なこと

入社1年半での退職は、自分の価値観を見つめなおすチャンス。自分を責めず、前に進もう

今回の相談者Tさんは大学を卒業し大手企業に就職。ところが、入社3カ月で「何か違う」と感じ、迷ったものの1年半で退職し、現在は転職活動中です。

とはいうものの、就職活動は順調だっただけに、「もともと就活に向き合う意識が甘かったのかも」「やりたい仕事があるわけでもない」「どうしたらいいかわからない」とモチベーションはダウン。

そんな迷える転職希望者がいると聞きつけ、勤務20余年のキャリアアドバイザー、通称のりおさんが「オレでよければざっくばらんに相談にのるよ」と登場、今回のweb上キャリア相談が実現しました。そこには、第2新卒として転職を目指す人へのヒントがいっぱいありました。

,