Menu

多様な働き方

経験を活かしコロナ禍で活躍する人々から学ぶ、今求められる課題解決のヒント

キャリア

2020年07月30日 転載元:Meet Recruit

経験を活かしコロナ禍で活躍する人々から学ぶ、今求められる課題解決のヒント

新型コロナウイルスの影響下で生まれる新たな課題。組織づくり、自立分散、クリエイティビティで解決に挑む事例を、過去にMeet Recruitで取材した方々の活動から紹介する。

世界中で新型コロナウイルスの感染拡大に伴う厳戒態勢が続いている。日本でも、2020年4月7日に初となる緊急事態宣言が発出。感染防止策として、人との物理的な距離を取って接触を減らすソーシャルディスタンスの実践が強く求められており、医療や生活の維持に必要な業種を除いて、不要不急の外出は自粛されるようになった。5月25日に緊急事態宣言は全面解除されたが、油断のできない状況であることに変わりはない。

この社会状況に対し、自粛のような社会を構成するあらゆる人々ができるアプローチもあれば、医療従事者のように職責やこれまでの経験が重要な役割を果たす人もいる。本記事では、過去にMeet Recruitでお話を伺った方々から、この社会情勢に対し自身の経験や境遇を活かし独自の活動に取り組む方々を紹介する。

,