Menu

多様な働き方

新しい働くルール・1・経験をわかりやすく言語化しよう

キャリア

2020年08月06日 転載元:らしさオンライン

新しい働くルール・1・経験をわかりやすく言語化しよう

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって、世の中が大きく変化しました。新しい生活様式が提案され、いままでとは違ったスタイルでの暮らし方が、求められるようになりました。働き方も同様で、在宅ワークが推奨され、対面でのコミュニケーションが制限され、いままでのワークスタイル全般が、大きく見直されるようになりました。企業の多くは、新しい働き方を模索し始めています。

企業の求める人物は変化するのか?

多くの企業に変化が要求されているということは、働く私たちにとっても、新しい働き方を身につけるよう、求められているのと同じ。働き方改革と題して、緩やかなワークスタイルの変化の波が押し寄せていましたが、ここに来て、一気に加速。油断していると、その波に流されてしまいそうになるはずです。アンテナを貼り、つねに情報のキャッチアップをする、そんな姿勢が求められているといっても過言ではありません。

さて、個人のワークスタイルに変化が生じようとしているいま、働く人たちへ企業が求めることにも変化が生じるのでしょうか。働き方の変化への対応力を企業が求めていることは間違いないでしょう。しかし、もっと本質的なこと、その場所で働くために必要な力について、いままでと違ってくるのでしょうか。結論からいうと、そこに大きな変化はありません。企業が皆さんに求めているのは『経験』と『スキル』に尽きるのです。

,