Menu

多様な働き方

副業(2020年5月版)―定点観測 日本の働き方

副業・兼業

2020年08月27日 転載元:リクルート ワークス研究所

副業(2020年5月版)―定点観測 日本の働き方

総務省「就業構造基本調査」によると、副業している人の割合は、2012年の3.6%から2017年は4.0%と0.4%pt上昇したが、おおむね横ばい傾向が続いている。

リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査(JPSED)」を使って、副業した人の実施理由をみてみよう(図2)。「生計を維持するため」(46.5%)や「生活を維持する最低限の費用以外に、貯蓄や自由に使えるお金を確保するため」(34.8%)など経済的な理由で副業をする人が目立つ。また、「時間にゆとりがあるため」の回答割合も比較的高く、本業で長時間労働に従事しているなどで時間的に余裕がないと、副業は厳しいということがわかる。

,