Menu

多様な働き方

人材育成と生産性、「ジョブ型」制度設計の先にある課題 中村天江

キャリア

2021年02月01日 転載元:リクルート ワークス研究所

人材育成と生産性、「ジョブ型」制度設計の先にある課題 中村天江

1 ジョブ型雇用の制度づくりの次に来る3つの論点

前回「ジョブ型雇用の種類と、日本企業が進むべき道」では、ジョブ型雇用の種類を分け、企業が抱えている人事課題によって、ジョブ型への移行は全面導入から部分導入までバリエーションがあることを論じた。

現在日本では、職務記述書の整備や、対象となる社員群の決定など、ジョブ型雇用の制度設計に関心が集まっているが、企業がジョブ型雇用を導入するのは、雇用制度をつくるためではなく、それにより今まで以上の競争力を獲得するためである。

そこで、続編となる本稿では、日本企業が本格的なジョブ型雇用に転換した後、人材マネジメントで直面するであろう3つの論点について考察する。

,