JA宮崎中央と連携し、『Airワーク』導入による採用サイトを立ち上げ、農家における雇用課題解決を支援

少子高齢化による人口減少に加えて、地方では大都市圏への人口流出で働き手の減少が続くなど、地域経済を支える産業である農業の担い手不足や高齢化がより深刻になっています。さらに新型コロナウイルス感染拡大防止のための出入国制限で外国人労働力が見込めないなどの状況も続き、繁忙期の労働力不足による生産量、出荷量への影響は深刻な状況に。

 

そんな中、株式会社リクルートでは、JA宮崎中央と協働し、地域の雇用課題の解決に取り組んでいます。まず「人材が確保できない」「採用の仕方が分からない」という農家の声を受け、簡単に採用ホームページが作成でき、求人掲載や応募者とのやりとりができる『Airワーク 採用管理』の導入を促進。JA宮崎中央の会員農家へ広報誌による告知やセミナー開催などを通じて活用を推進し、宮崎の潜在労働力層である主婦(夫)やシニア層の収穫繁忙期におけるマッチングの創出に取り組んでいます。

 

結果として、『Airワーク 採用管理』の普及数は、宮崎市内の農家で140社にまで拡大(2022年3月時点)。同市において過去リクルートと取引された農家における採用成功率は、87%(全体業種採用成功率:61.7%)という高い成果につなげることができました。こうした結果が評価され、2021年度は宮崎市から求人広告費用に対する助成金事業(宮崎市農業労働力確保支援事業)という行政支援を受け、2022年度も継続が確定しています。

また、リクルートでは、宮崎県児湯郡川南町においても移住促進を目的に「川南町の地域活性化に向けた地域定着と雇用促進に関する協定」を締結して、同様に『Airワーク』を使って地域の求人の取り組みを行っています。以下サイトでは、取り組みに参加した企業や入社者の声なども載っていますので、ぜひご覧ください。