Menu

多様な働き方

不安を抱えながら生きてもいいんじゃない?――竹中直人の人生100年時代

キャリア

2019年12月19日 転載元:Meet Recruit

不安を抱えながら生きてもいいんじゃない?――竹中直人の人生100年時代

2017年、政府主導の一億総活躍社会実現へ向けた「人生100年時代構想推進室」が発足。本格的な「人生100年時代」を我々はどう生きるべきか。

「人生100年時代」の生き方を説く「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著/東洋経済新報社)出版以来、多くの人たちが「人生100年時代」というキーワードを意識するようになった。一方で「そうはいっても...」と、戸惑いを隠せない人も多いだろう。

そこで今回は、俳優の竹中直人さんにインタビューを実施した。学生時代に俳優を志し36年あまりを第一線で活躍する竹中氏だが、一躍注目を浴びたのはテレビのオーディション番組で披露したモノマネ芸がきっかけ。

俳優業の他にも映画監督・音楽などマルチな活動を続ける生き方は、長寿命化やテクノロジーの進化によって私たちが直面する「様々な変化を繰り返す」ことにも重なる。竹中氏の人生観を紐解きながら、人生100年時代のヒントを探った。

,